平成28年7月27日(水)・28日(木)にオープンキャンパスを開催します。

     



















会 場
 文学部案内・公開講義 … 東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
 文学研究科説明会 … 東北大学文学研究科棟1階(135講義室)
 文学部各研究室(午前10時から午後3時まで自由にお越し下さい。)
7月27日(水)
 ◆公開講義 川内萩ホール
  9:30〜 9:35 あいさつ 佐藤 弘夫 文学部長
  9:35〜10:00 文学部案内 阿子島 香 教授
 10:00〜11:00 公開講義 下夷 美幸 教授(社会学)

「 家族問題の社会学 」
  家族をめぐる問題は、夫婦や親子などプライベートな人間関係の内部の問題と捉えられがちですが、
  社会の仕組みや政策とも深く関わっています。
  講義では、現代の家族問題を通して、日本社会のいま、について考えます。

 11:30〜12:00 文学部案内 阿子島 香 教授
 12:00〜13:00 公開講義 甲田 直美 准教授(国語学)

「 色彩名称から世界の言語を見てみると 」
  虹は日本では7色とされることが多いですが、この分割の仕方は世界共通ではありません。
  虹を5色とする言語も存在します。
  様々な色彩名称をもとに日本語と世界の言語を比較対照することにより、日本語の特色を探ります。

 13:30〜14:00 文学部案内 阿子島 香 教授
 14:00〜15:00 公開講義 齋藤 智寛 准教授(中国思想中国哲学)

「『万葉集』と中国の思想 」
  「『万葉集』と中国の思想」、こう聞いて意外に思う人もいるかも知れません。
  古典とは何か、伝統文化とは何か、大学で専門を持ち本を読むとはどういうことか、
  万葉歌人の作品を読み解きつつ考えてみましょう。

 ◆大学院説明会 文学研究科棟
135講義室
※大学院文学研究科入学試験受験予定者対象
 15:30〜16:30 概要説明
 16:30〜 希望研究室訪問 ※事前予約制

 
7月28日(木)
 ◆公開講義 川内萩ホール
  9:30〜 9:35 あいさつ 佐藤 弘夫 文学部長
  9:35〜10:00 文学部案内 三浦 秀一 教授
 10:00〜11:00 公開講義 長岡 龍作 教授(東洋・日本美術史)

「 日本美術の魅力 ― 心とかたち 」
  はるか昔から日本では多くの美術が作られ、今日まで遺されてきた。
  そこには、文字とは違う人々の心の表現がある。
  この講義では、美術の「かたち」を通して知ることができる、いにしえ人の心について考えてみたい。

 11:30〜12:00 文学部案内 三浦 秀一 教授
 12:00〜13:00 公開講義 岩田 美喜 准教授(英文学)

「〈詩的〉な英語を味わおう 」
  英語学習者はふつう、「使える」英語を学びます。
  しかし、言葉というものが真の面白さを発揮するのは、「遊び」の要素が入った時です。
  さあ、詩的な英語の世界をのぞいて、その面白さに触れてみましょう。

 13:30〜14:00 文学部案内 三浦 秀一 教授
 14:00〜15:00 公開講義 村上 祐子 准教授(国際交流室)

「 ロボット・人工知能と共生するわたしたち 」
  わたしたちの生活には既にロボットや人工知能が入り込んでいます。
  これは人間のライフスタイルをどのように変えていくのでしょうか?
  よりよい将来のために、人間はどのように科学技術と関わっていけばいいのでしょうか?

 ◆大学院説明会 文学研究科棟
135講義室
※大学院文学研究科入学試験受験予定者対象
 15:30〜16:30 概要説明
 16:30〜 希望研究室訪問 ※事前予約制


 

↑トップ









アクセス

 ◆東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
  〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内40

 ◆文学研究科棟
  〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内27-1

  仙台駅より地下鉄東西線「八木山動物公園」行き乗車、「川内駅」下車(約6分、200円)





↑トップ









昨年の様子

 ◆文学部案内・公開講義の様子









 ◆研究室訪問の様子








↑トップ









問い合わせ

 ◆東北大学文学部・文学研究科教務係

  〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内27-1
  TEL:022-795-6004・6005
  MAIL : art-kyom*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

↑トップ