博士論文|大学院での活動|東北大学 大学院文学研究科/文学部 哲学・倫理学研究室

博士論文

トップページ > 大学院での活動 > 博士論文

博士論文題目

2009年度
  • 哲 学
  • 信太 光郎
  • ハイデガー思想における生命論的思考の解明-死すべきものの自由をめぐって-
  • 哲 学
  • 千田 芳樹
  • E・カッシーラーの「文化哲学」研究―神話論的視点から―
2011年度
  • 哲 学
  • 佐藤 優子
  • ハイデガーと「神」の問題―『哲学への寄与』を出発点として―
2012年度
  • 哲 学
  • 佐藤 駿
  • E・フッサールにおける超越論的現象学と世界経験の哲学—『論理学研究』から『イデーン』まで
  • 哲 学
  • 梶尾 悠史
  • フッサール知覚の現象学―意味・超越・真理―
  • 哲 学
  • 小熊 正久
  • フッサール現象学における表象媒体の研究―知覚・想像・画像表象に関して―
  • 哲 学
  • 直江 清隆
  • 価値と技術の現象学
2013年度
  • 哲 学
  • 日笠 晴香
  • 意思決定における自律と最善の利益
  • 哲 学
  • 阿部 ふく子
  • ヘーゲル哲学における思弁の生成
  • 哲 学
  • 西岡 圭子
  • メルロ=ポンティの「教育」の哲学——近代教育学を超えていくための手掛かりを求めて――
2014年度
  • 哲 学
  • 遠藤 健樹
  • 解釈・共同性・宗教——カール・レーヴィットとレオ・シュトラウスにおける初期政治哲学の比較研究
  • 哲 学
  • 嶺岸 佑亮
  • ヘーゲル哲学における主体性の思想についての研究──「自己であること」について──
2015年度
  • 哲 学
  • 松丸 啓子
  • ヤスパースの精神医学の哲学──『精神病理学総論』の意義をめぐって──
2016年度
  • 哲 学
  • 二瓶 真理子
  • 科学的知識探求の社会性と客観性
  • 哲 学
  • 鈴木 亮三
  • 『精神現象学』におけるギリシア世界論――労働と祭祀を中心として
  • 哲 学
  • 山下 哲朗
  • 形成・呼応・反動――『存在と時間』のロゴス論における動性の論理――

PAGE TOP