哲学・倫理学合同研究室 研究室日誌
MORALIA(モラリア)
メニューのトップへ

 

第11号〜


■ 第11号(2004年)   ■ 第12号(2005年)   ■ 第13号(2006年)   ■ 第14号(2007年)
■ 第15号(2008年)   ■ 第16号(2009年)   ■ 第17号(2010年)   ■ 第18号(2011年)
■ 第19号(2012年)

 

■ 第11号(2004年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
小林 睦 存在と希望 --QOL評価におけるスピリチュアリティの問題 Mutsumi Kobayashi Being and Hope: On Problems of Spirituality in QOL Evaluation pp.1-32
福間 聡 我々は人間以外の生き物によっても義務付けられうるのか --動物への義務についての英語圏のカント主義的アプローチに基づく一考察 Satoshi Fukuma Can We be obligated by Non-Human Creatures? : A Consideration of Duties to Animals from the Englisch-Speaking Kantian Approach pp.33-62
竹之内 裕文 人間の死生とスピリチュアルケア Hirobumi Takenouchi The Human Death and Spiritual Care pp.63-98
松浦 明宏 コンピュータ技術者の責任 --賠償責任なしの所有権 Akihiro Matsuura Responsibility of Computer Practitioner: Ownership Without Liability pp.99-130
篠 憲二 栃の四季のかたわらで Kenji Shino Beside the Seasons of the Horse Chestnut pp.131-138
荻原 理 (折々の発言と書評)ハワイ小旅行記 Satoshi Ogihara pp.139-141
座小田 豊 (折々の発言と書評)若き人への手紙 Yutaka Zakota pp.142-144
清水 哲郎 (折々の発言と書評)書評 スタッズ・ターケル著『死について!あらゆる年齢・職業の人たち63人が堰を切ったように語った。』(他5編) Tetsuro Shimizu pp.145-158
野家 啓一 (折々の発言と書評)賢治と縄文的想像力(他10編) Keiichi Noé pp.159-187

 

 

■ 第12号(2005年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
鈴木 崇夫 後見人の未成熟 --カント、ハーマンの手前で Takao Suzuki Guardian's Immaturity: Kant and Hamann pp.1-25
石川 求 「アウシュヴィッツのカント」へ --なぜ悪魔はいないのか Motomu Ishikawa To "Kant at Auschwitz": Why is there no Devil within the limits of reason alone? pp.26-57
馬渕 浩二 差異と社会化 --マルクスのばあい Koji Mabuchi Difference and Socialization: In Case of Marxian Social Theory pp.58-70
ズースマン, マルガレーテ(二階堂 希 訳) ゲオルク・ジンメルの思い出 Margarete Susman Erinnerungen an Georg Simmel pp.71-92
山本 史華 忘れられた正義の復権 --臨床研究におけるアフターケア倫理の構築 Fumika Yamamoto Restoration of forgotten justice: Toward a foundation of aftercare ethic in clinical research pp.93-115
篠 憲二 人間のネオテニー性と文化のマトリクス Kenji Shino Neoteny of man and matrix of culture pp.116-138
荻原 理 (折々の発言と書評)荻原理のアンソロジーと発言 Satoshi Ogihara pp.139-143
戸島貴代志 (折々の発言と書評)ホーホケキョ Kiyoshi Toshima pp.144-145
清水 哲郎 (折々の発言と書評)地域連携の発展と方向性(他4編) Tetsuro Shimizu pp.146-155
野家 啓一 (折々の発言と書評)人文学は何の役に立つのか(他8編) Keiichi Noé pp.156-173

 

 

■ 第13号(2006年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
直江 清隆 機能と意図の問題圏に寄せて --人工物の哲学への序曲 Kiyotaka Naoe The Problem of the Intention and the Function in technical Artifacts pp.1-14
今泉 智之 プラトンにおける死の規定と脳死 Tomoyuki Imaizumi Platonic Definition of Death and Brain Death pp.15-28
齋藤 直樹 行為の意味についての「表出主義的議論」の妥当性に関する一考察 --エアーならびにスティーヴンソンにより「情動主義」的意味論の検討を介して Naoki Saito An Examination of the Validity of "Expressivist Argument" over the Meaning of Action --On the Study of Ayer's and Stevenson's 'Emotivistic' Semantics pp.29-53
イルガング, ベルンハルト(横地 徳広 訳) 解釈学的倫理学 Bernhard Irrgang Hermeneutische Ethik pp.54-67
荻原 理 (折々の発言と書評)荻原理のレポートと書評 Satoshi Ogihara pp.68-73
直江 清隆 (折々の発言と書評)設計=デザインの哲学(他2編) Kiyotaka Naoe pp.74-77
清水 哲郎 (折々の発言と書評)SEIQoL-DWの位置づけ(他1編) Tetsuro Shimizu pp.78-88
野家 啓一 (折々の発言と書評)哲学と散歩(他8編) Keiichi Noé pp.89-100

 

 

■ 第14号(2007年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
直江 清隆 技術の哲学と倫理という課題 Kiyotaka Naoe Contemporary Task of Philosophy & Ethics of Technology pp.1-7
齋藤 直樹 構成主義的技術論における「受容」概念に関して --技術論と美学の対話の可能性を求めて Naoki Saito Over the Concept of "Reception" in the Constructivist Theory of Technology --In Search of the Possibility of Communication between Technology Theory and Aesthetic pp.8-28
山田 圭一 技術倫理の認識論的基盤の構築を目指して --工学の認識論に対する文脈主義的アプローチ Keiichi Yamada Toward the Establishment of Epistemological Basis for Engineering Ethics --A Contextualist Approach to Epistemology of Engineering pp.29-46
米原 優 パブリック・ジャーナリズムとコミュニタリアニズム Masaru Yonehara Public Journalism and Communitarianism pp.47-60
二瓶 真理子 人間/非人間が作り出す世界 --アクターネットワーク概観 Mariko Nihei An Overview of Actor-Network-Theory: Human and Non-human Worlds pp.61-77
ラダー, ハンス(井頭 昌彦 訳) 実験化学における再現と非局所性 Hans Radder Reproduction and Nonlocality in Experimental Science pp.78-135
横地 徳広 身体とその過去 --レヴィナスの場合 Norihiro Yokochi Corps et son passé chez Lévinas pp.136-151
荻原 理 (折々の発言と書評)モンテーニュの見解 Satoshi Ogihara pp.152-154
野家 啓一 (折々の発言と書評)廣松哲学との出会い(他6編) Keiichi Noé pp.155-163

 

 

■ 第15号(2008年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
直江 清隆 脳と心の哲学的問題圏へ --現実からの出発 Kiyotaka Naoe Philosophical Approach to Brain and Mind  --A Way from Actuality pp.1-9
藤尾 靖彦 脳神経科学と暴力 Haruhiko Fujio Neuroscience and Violence pp.10-31
二瓶 真理子 心をめぐる科学と日常 Mariko Nihei Mind : Myth or Science? pp.32-52
日笠 晴香 認知症患者についての決定と脳神経科学 Haruka Hikasa Decision-Making for Dementia Patients and Neuroscience pp.53-71
井頭 昌彦 心的因果の実在性とスーパーヴィーニエンス論法 Masahiko Igashira Reality of Mental Causation and the Supervenience Argumant pp.72-88
小原 拓磨 書評 ティロ・キルチャー、アンソニー・デヴィッド編著
『脳神経科学と精神医学における自己』
Takuma Obara Book Review : Tilo Kircher and Anthony S. David, The Self in Neuroscience and Psychiatry pp.89-102
戸島 貴代志 出自(前編) Kiyoshi Toshima Descent (The first half) pp.103-122
山本  史華 バナールな現象としてのエートス --コミュニティ・スクールの新たな可能性を探して Humika Yamamoto Ethos as Banal Phenomena --In Pursuit of Another Possibility of Community School pp.123-143
久高 将晃 討議倫理学の新展開 --マルセル・ニケの「道徳の現実的討議理論」について Masaaki Kudaka Neue Entwicklung der Diskursethik -Über „eine realistische Diskurstheorie der Moral“ von M. Niquet- pp.144-160
ドン・アイディ
(佐藤 駿 訳・解題、長滝 祥司 筆者紹介)
ポスト現象学 --人間/機械の身体化 Don Ihde
Introduction by
Shoji Nagataki,
Translation by
Shun Sato
Postphnomenology : Human and Machinic Embodiment pp.161-192
篠 憲二 随想 --菩薩像に思うこと Kenji Shino On the Statues of Bodhisattava pp.193-200
荻原 理 荻原理の発言 Satoshi Ogihara - pp.201-202
直江 清隆 組織の責任考素描 Kiyotaka Naoe - pp.203-206
野家 啓一 「哲学無用論」に抗して(他11篇) Keiichi Noe - pp.207-

 

 

■ 第16号(2009年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
原 塑 脳のモジュール化と神経科学によるイノベーション Saku Hara Modularity of the brain and neuroscientific innovations pp.1-25
戸島 貴代志 オネスティー --ベルクソンと世阿弥-- Kiyoshi Toshima Honesty: Bergson and Zeami pp.26-66
菅原 潤 ケータイ小説『赤い糸』から世代間倫理を考える Jun Sugawara A study on the ethics of intergeneration by way of a love story Akai ito pp.67-85
クルト・ジンガー
二階堂希 訳
ゲオルグ・ジンメルへの感謝 Kurt Simger
übersetzt von Nozomi Nikaido
Georg Simmel zum Dank pp.86-93
ルートヴィッヒ・マルクーゼ
二階堂希 訳
ゲオルグ・ジンメルの現前 Ludwig Marcuse
übersetzt von Nozomi Nikaido
Georg Simmels Gegenwart pp.94-102
荻原 理 プラトン 見つからなければ不正を犯していいか Satoshi Ogihara - pp.103-106
野家 啓一 フロイトと科学哲学(他9篇) Keiichi Noe - pp.107-

■ 第17号(2010年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
野家 啓一 覚醒倫理への道 ――今村仁司『親鸞と学的精神』をめぐって―― NOE Keiichi Der Weg zur Erweckungsethik: Über Hitoshi Imamuras Sinran und der wissenschaftliche Geist pp.1-22
松田 純 多文化時代における人間の尊厳 MATSUDA Jun Human Dignity in a Multicultural Age pp.23-40
音喜多 信博 E・O・ウィルソンによる「倫理」の還元主義的説明とそのジレンマ OTOKITA Nobuhiro E.O.Wilson's Reductionistic View of Ethics and its Dilemmas pp.41-60
横地 徳広 道徳的人格性と物在性の交差 ――ハイデガーの役割存在論を求めて―― YOKOCHI Norihiro Verflechtung der moralischen Persönlichkeit mit der Vorhandenheit: Auf der Suche nach der Rolle-ontologie Heideggers pp.61-81
小笠原 史樹 生の意味に関する不死性要求と可死性要求 OGASAWARA Fumiki The immortality Requirement and Mortality Requirement for Life's Meaning pp.82-100
千田 芳樹 民主主義と教育の倫理 ――J・デューイの教育哲学を手がかりに CHIDA Yoshiki Democracy and Ethics of Education: Based on J.Dewey's Philosophy of Education pp.101-117
荻原 理 サバティカル報告 OGIHARA Satoshi - pp.118-122
野家 啓一 「スロー・サイエンティスト」としての寺田寅彦(他8篇) NOE Keiichi - pp.123-160

 

 

■ 第18号(2011年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
戸島 貴代志 活撥撥地 TOSHIMA KIyoshi KAPPATSUPATCHI pp.1-31
越門 勝彦 価値の共約不可能性と選択 KOEMON Katsuhiko Making choices in situations where values are incommensurable pp.32-51
藤尾 靖彦 自然と人間―「リスボン大地震」を巡るカントの考察 FUJIO Yasuhiko Nature and Humans ―Kant on the Lisbon Earthquake pp.52-69
小河原 誠 慰め KOGAWARA Makoto What does it mean to give consolation to the people in the midst of the Tohoku Daishinsai? pp.70-85
山本 史華 日常再考 東日本大震災に寄せて YAMAMOTO Fumika Reconsidering the Ordinary in face of the Great East Japan Earthquake pp.86-93
小笠原 史樹 震災下の無神論 OGASAWARA Fumiki Atheism in the Great East Japan Earthquake pp.94-104
野家 啓一 「大震災とリスク社会」(他9篇) NOE Keiichi - pp.105-121

 

 

■ 第19号(20128年)


著者名 論文名 欧文著者名 欧文タイトル ページ
戸島 貴代志 続・活撥撥地 TOSHIMA Kiyoshi A Sequel to "KAPPATSUPATCHI" pp.1-35
荻原 理 対話フォーラムにおける公正さについての一考察 OGIHARA Satoshi A remark on what is fair in 'dialogue forums' pp.36-43
植原 亮 多元論の導出と実質を検討する――科学主義寄りの観点から UEHARA Ryo Examining the argument for pluralism and its content ―from a scientismish point of view pp.44-64
佐藤 駿 自然主義と「超越論的」問題について考える SATO Shun Naturalism and "Transcendental" Problem pp.65-80
成瀬 尚志 クワインはなぜ物理主義を採用したのか NARUSE Takashi Why does Quine adopt Physicalism? pp.81-100
井頭 昌彦 プラグマティズム・体系内在主義・物理主義 ――植原氏、佐藤氏、成瀬氏への回答―― IGASHIRA Masahiko Pragmatism, Immanentism, Physicalism; Replies to Uehara, Sato and Naruse pp.101-125
菅原 潤 原発事故をめぐる三書を読む ――あるいは「現代思想」の有効性についての省察 SUGAWARA Jun Reading Three Books about Fukushima Catastrophe in Terms of Proving the Availability of Contemporary French Thoughts pp.126-142
荻原 理 書評 ジョン・マクダウェル『心と世界』 OGIHARA Satoshi - pp.143-144
野家 啓一 <質的空間>の復権(他18篇) NOE Keiichi - pp.145-178

 

 

 

<< 第1号〜
このページの先頭へ