トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS10 RSS20 ATOM ログイン

A班『フリースクールの現在、そして未来ー仙台市を事例にしてー』の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!A班『フリースクールの現在、そして未来ー仙台市を事例にしてー』

*はじめにー東北大学大学院文学研究科教授 吉原直樹
*序
*凡例
*目次

*序章
**機ヽ惺酸度の成立と発展
***1) 国民国家形成と学校制度の確立
***2) 日本における学校制度の成立
***3) 学校の子どもに対する教育
**供〇劼匹發隆超変化
***1) 社会性重視から個性重視への変化
***2) メディアの発展と生活の変化
***3) 子どもを取り巻く状況ー家庭・地域ー
***4) 子どもを取り巻く状況ー学校ー
**掘”堙亶算童の生徒の実態
***1) 学校嫌いから登校拒否の子ども
***2) 不登校児童生徒の背景とその要因
***3) 現在の教育問題と不登校児童生徒
**検…敢困砲けるまなざし

*1章 不登校現象に対する行政の取り組み
**1 仙台市内の不登校児童生徒の現状と行政政策
**2 「杜のひろば」と「児遊の杜」
***2.1 適応指導教室「杜のひろば」
***2.2 適応指導センター「児遊の杜」
**3 適応指導センターを中心にすえた不登校児童生徒支援
**4 行政施設の特徴
**4 行政施設の課題

*2章 フリースクールの歴史・変遷
**1 フリースクールの歴史
***1.1 新教育運動とサマーヒル・スクール
***1.2 フリースクール運動と東京シューレ 
**2 仙台市内のフリースクールの誕生と変遷
***2.1 宮城・親と子どもと教職員の教育相談室
***2.2 宮城にフリースクールを創る会
**3 仙台市内にあるフリースクールの現状
***3.1 フリースクールの現状
***3.2 フリースクールの存在の意味

*3章 フリースクールの役割
**1 フリースクールの教育方針と内容
***1.1 フリースクールから見た学校教育
***1.2 フリースクールの教育方針とその実践 
**2 フリースクールで構築されるスタッフと子どもの関係
***2.1 子どもを取り巻く大人たち
***2.2 子どもの進路選択の幅を広げる場ー施設Yを事例にー
***2.3 勉強を教え、対人関係を構築する場ー施設Dを事例にー
***2.4 子どものありのままの姿を認める場ー施設Kを事例にー
***2.5 自分のペースを保てる場所
**3 フリースクールと家庭
***3.1 家庭へのはたらき
***3.2 家庭にとってのフリースクール

*3章 フリースクールの役割
**1 フリースクールの教育方針と内容
***1.1 フリースクールから見た学校教育
***1.2 フリースクールの教育方針とその実践 
**2 フリースクールで構築されるスタッフと子どもの関係
***2.1 子どもを取り巻く大人たち
***2.2 子どもの進路選択の幅を広げる場ー施設Yを事例にー
***2.3 勉強を教え、対人関係を構築する場ー施設Dを事例にー
***2.4 子どものありのままの姿を認める場ー施設Kを事例にー
***2.5 自分のペースを保てる場所
**3 フリースクールと家庭
***3.1 家庭へのはたらき
***3.2 家庭にとってのフリースクール

*4章 フリースクールの課題
**1 さまざまなフリースクールとその問題
***1.1 さまざまなフリースクール
***1.2 分類における問題 
**2 フリースクールと学校の連携について
***2.1 フリースクールと学校の関係の現状
***2.2 フリースクールと学校のこれから
**3 フリースクールをめぐる課題
***3.1 フリースクールへのまなざし
***3.2 運営上の問題
***3.3 行政との連携

*5章 フリースクールの現在、そして未来
**1 学校教育の問題
**2 家庭・地域の問題
**3 社会問題としての不登校現象とフリースクールの意義
**4 フリースクールの現在・そして未来
***4.1 子どもとの関係
***4.2 親との関係
***4.3 学校教育への貢献
***4.4 行政との関係
***4.5 地域との関係

*終わりにー社会とフリースクールー

*参考文献
*調査過程
*謝辞