トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

『社会学研究』第100号

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

『社会学研究』第100号(2017年刊)

特集「東北農村の諸相」

  • 巻頭言「東北農村における集落の共同営為をめぐって」(佐久間政広)
  • 「Iターン者定住集落の営農=生活志向ー山形県飽海群遊佐町藤井の事例からー」(三須田善賜)
  • 「荘内地域における集落営農組織化と担い手の動向ー山形県酒田市北平田地区を事例としてー」(秋葉節夫)
  • 「現代農村と農本主義」(小林一穂
  • 「過疎高齢化の著しい山村集落の存続策ー宮城県七ヶ宿H地区の事例ー」(佐久間政広)

100号刊行を記念して

論説

  • 「「日々生きられる宗教」としてのイスラームー日本人ムスリム女性の事例からー」(安達智史
  • 「震災復興と集合的記憶ー防湖堤の高さを巡る住民の論理ー」(坂口奈央
  • 「高齢者サロンと相互行為儀礼ー仙台市郊外A市の介護予防事業aサロンにおけるサポーター・メンバー間関係に着目してー」(木村雅史

最終更新時間:2018年05月07日 17時08分59秒

2813 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて