トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

『社会学研究』第101号

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

『社会学研究』第101号(2018年3月28日刊)

小特集「階層意識研究の現在」

  • 巻頭言 「階層意識研究の現在」(永吉希久子)
  • 「現代日本社会における地位不安ー社会経済的地位との関連についての計量分析ー」(神林博史)
  • 「「階層意識としての不公平感」再考ー潜在クラス分析によるアプローチー」(金澤悠介)
  • 「失業と政治参加の平等性ー投票参加頻度のマルチレベル順序ロジスティック回帰分析ー」(伊藤理史)
  • 「階層帰属意識の規定因としての所有耐久消費財再考」(稲垣佑典)

論説

  • 「東日本大震災後に再評価される保健師と地域の関わりー徳島県プラチナ保健師制度の事例から」(板倉有紀

書評

  • 片瀬一男著「若者の戦後史ー軍国少年からロスジェネまで」」(原純輔)
  • 吉原直樹・似田貝香門・松本行真編著「東日本大震災と<復興>の生活記録」」(今野裕昭)
  • 長谷川公一・保母武彦・尾崎寛直編「岐路に立つ震災復興ー地域の再生か消滅か」」(松井克浩

最終更新時間:2018年05月07日 16時39分04秒

2196 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて