トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

 (OU Kei)

 福島原発事故によって、政府への信頼が失われ、原発の安全性に懐疑的な国民が増えてきました。一般市民にとっては、放射能危害に対しての理解が困難だと思われます。人々の不安を払拭し、市民と専門家や行政など各主体の間に失われた信頼を回復するために、事故の後、さらにリスクコミュニケーションの必要性を唱えるべきだと私は考えます。政府、住民、専門家の意見対立解消に向けたリスクコミュニケーションの特性とあり方を明らかにする上で、相互理解の対話フォーラムの創出を提言したいです。


最終更新時間:2021年05月06日 15時19分51秒

490 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて