トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

中川恵

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

中川 恵 (NAKAGAWA Megumi)


English

 1987年 秋田県秋田市生まれ
 山形県立米沢女子短期大学 社会情報学科 准教授
 専門は環境社会学、農村社会学、農と食の社会学

経歴
2009年3月 東京学芸大学 教育学部 卒業
2009年4月 東北大学大学院 文学研究科社会学専攻分野 博士課程前期 入学
2011年3月 同課程 修了 修士号取得
2011年4月 東北大学大学院 文学研究科社会学専攻分野 博士課程後期 入学
2011年4月―2014年3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2016年3月 同課程 修了 博士号取得
2016年4月 山形県立米沢女子短期大学 社会情報学科 講師
2019年4月より現職

資格
中学校教諭専修免許状(社会)
高等学校教諭専修免許状(公民)
専門社会調査士(002267)

所属学会:担当した委員会ほか
環境社会学会:研究活動、震災研究、学会大会事務局(葛巻、仙台・ISESEA-7、仙台・石巻)
日本村落研究学会:学会大会事務局(仙台・秋保)
東北社会学会:理事、研究活動、学会大会事務局
東北社会学研究会:研究活動、学会誌編集、学会大会事務局
東北農業経済学会:学会誌編集

教歴(非常勤)
三友堂看護専門学校 非常勤講師 (2016年9月―2018年3月、2021年9月―現在) 担当科目:「社会学」
東北大学大学院農学研究科 非常勤講師 (2019年11月、2021年9月、2023年9月) 担当科目:「資源環境経済学特別講義供
米沢栄養大学 非常勤講師 (2023年4月−現在) 担当科目:「社会学」

過去の教歴(非常勤)
山形県立米沢女子短期大学 非常勤講師 (2011年4月−2016年3月) 担当科目:「環境社会学」
東北大学大学院文学研究科 非常勤講師 (2019年4月―9月)担当科目:「社会学各論」「社会学演習」
山形大学人文社会科学部 非常勤講師 (2019年4月―9月、2022年4月−9月) 担当科目:「地域社会学」

社会活動(依頼による)
米沢市 行政経営改革市民会議 委員:2017年8月―2019年11月、2021年10月―現在
山形県 エコエリアやまがた推進協議会 委員:2018年1月―2020年1月、2021年9月―現在
山形県生涯学習文化財団 山形学企画委員会 委員:2019年4月―現在 *産休・育休のお休み期間をはさむ
伊達三日月街道活性化協議会 アドバイザー:2020年ー現在
山形県 総合政策審議会 土地利用部会 委員:2021年10月―現在
でんたくじ森ひろばづくり研究会 メンバー:2022年―現在
米沢市 環境審議会 委員:2022年11月―現在
山形県 指定管理者審査委員会 委員:2023年―現在
高畠町 有機農業産地づくり推進協議会 アドバイザー:2023年5月―
山形県公立大学法人 米沢駅前活性化プロジェクト「映えカフェ」 アドバイザー:2023年5月―現在
山形県立米沢商業高等学校 産業教育連携協議会(フューチャープログラム) 委員:2023年6月―現在

過去の社会活動(依頼による)
米沢市 都市計画審議委員会 委員:2016年8月―2019年7月
高畠町 食育・地産地消推進計画策定委員会 委員:2019年5月―2020年3月
みやぎ生活協同組合 めぐみ野未来プロジェクト2021 委員:2021年―2022年

社会活動(依頼によらない)
みやぎグリーン・ツーリズム推進協議会 会員:2009年?―2019年 *現在お休み中
米沢市国際交流協会 会員:2016年4月―現在
生活クラブやまがた生活協同組合 消費委員会 委員:2018年6月―現在 *産休・育休のお休み期間をはさむ
伝国の杜・ファンクラブ 会員:2020年4月ー2023年3月 *現在お休み中
生活クラブやまがた生活協同組合 運営委員会 委員:2022年6月―現在
米沢市 米沢有機農業産地づくり推進協議会 会員:2023年6月―現在
米沢商工会議所 個人会員:2023年6月―現在

業績

著書(分担執筆)

1. 中川恵、2013、「複合経営によって再生される浜の秩序−未来の発言力」金菱清(ゼミナール)『千年災禍の海辺学』生活書院、154-169頁。(2013年3月31日発行)
2. 中川恵、2016、「震災以後の生産者・消費者関係」長谷川公一編『岐路に立つ震災復興―地域の再生か消滅か』東京大学出版会、153−171頁。(2016年6月23日発行)
3. 中川恵、2020、「よりよい食をめざす運動―山形県高畠町の有機農業運動の半世紀から考える」長谷川公一編『社会運動の現在−市民社会の声』有斐閣、118−140頁。(2020年1月15日発行)

依頼論文

1.中川恵、2018、「誰が『農と食』の社会運動を担うのか?―岩手県旧山形村・短角牛大好き倶楽部の取り組みを例に(小特集 「選択」される農と食)」『社会学研究』102号、65−92頁.
2.中川恵、2018、「宮城県・鳴子の米プロジェクトの『農をあきらめない』試み―地域支援型農業による買い支えの12年」『農業と経済』84(1)、63−70頁.(2018年2月1日発行)
3.中川恵、2019、「農家経営のもとでの有機農業の面的展開−山形県高畠町露藤集落「おきたま興農舎」の事例から」日本村落研究学会企画 秋津元輝編『年報村落社会研究 第55集 小農の復権』農山漁村文化協会、153−181頁.(2019年11月5日発行)

論文(査読あり)

1.中川恵、2012、「地域支援型農業と持続可能な地域づくり―地域が支える『鳴子の米プロジェクト』から―」『社会学研究』90号、119-141頁。
2.中川恵、2014、「生産現場から立ち上がるCSA―提携運動の今日的展開」『社会学研究』93号、177-198頁。
3.中川恵、2015、「放射能測定と産消提携―宮城県南部の事例をもとにして」『社会学研究』95号、125-143頁。

論文(査読なし)

1.中川恵、2017、「生産者・消費者関係の現代的再構築のための社会学的研究―宮城県「あいコープみやぎ」における提携生産者組織に対する質的調査ー」『生協総研賞・第13回助成事業研究論文集』2017.2、15−24頁.
2.中川恵、2018、「地域研究の問題関心と社会課題への接近―機関誌『生活文化』にみる置賜研究」『山形県立米沢女子短期大学紀要』54。

ほか

コラム

1. 中川恵、2016、「書評 桝潟俊子・谷口吉光・立川雅司編『食と農の社会学―生命と地域の視点から MINERVA TEXT LIBRARY64』ミネルヴァ書房」『村研ジャーナル』42、53-54頁。
2. 中川恵、2017、「村落モノグラフの意義と課題(質疑応答)庄内モノグラフとの対話から」日本村落研究学会編、『村研ジャーナル』47:37−38頁。
3. 中川恵、2017、「研究動向 食と農」日本村落研究学会企画 小内順子編『年報村落社会研究 第53集 協働型集落活動の現状と展開』農山漁村文化協会、277−286頁。
4. 中川恵、2017、「原発事故後の「提携」関係」帯谷博明・鳥越皓之編『よくわかる環境社会学〔第2版〕』ミネルヴァ書房、83頁。
5.中川恵、2023、「有機米作りに取り組む『コモンズの喜劇』」谷口吉光編著『有機農業はこうして広がった―人から地域へ、地域から自治体へ』コモンズ、146-147。

報告書

1.東北大学社会学研究室・長清水聞き書きプロジェクト、2016、『長清水の歩んできた道 人々の暮らしの記憶』宮城県サポートセンター支援事務所、40−52頁。(代表者:本間照雄、参加者:泉啓岩尾紘彰大井慈郎、小田嶋美咲、木村雅史、早乙女舞、佐藤友里香、高野裕士、中川恵松原久、洞口英則)
2. 生活支援員聞き書きプロジェクト、2018、『支え手になったあの日から−地域を見守る支援員の語り』宮城県サポートセンター支援事務所。(代表者:本間照雄、参加者:安達琴乃、我妻秀栄、岩舘祐実、大井慈郎、大内恵里奈、木村雅史、小島絵美、櫻庭実咲、佐藤友里香、瀧田寛純、中川恵松原久、松本桂子、三浦規義、吉野恭佑)
3.中川恵、2023、「ブックレット 学校給食の歴史を調べる」近刊。

競争的資金

1. 中川恵、日本学術振興会特別研究員DC1(2011年4月-2014年3月)

       「農業の再生と「農業の社会学」の構築
        ―Community Supported Agricultureモデルの視点から」

2. 中川恵、第13回生協総研賞「助成事業」(2015年11月採択決定)

       「生産者・消費者関係の現代的再構築のための社会学的研究
        ―宮城県「あいコープみやぎ」における提携生産者の若手組織に対する質的調査」

3. 中川恵、日本学術振興会基盤研究B(一般)分担者(2016年・2017年)

         「日・韓・英・独4ヶ国の温暖化・エネルギー政策と政策ネットワーク分析」
         (代表:長谷川公一)

4. 中川恵、米沢市学園都市推進協議会研究支援金(2017年)

         「探索的学習による地域研究手法と論点の整理1」

5. 中川恵、日本学術振興会基盤研究C(一般)分担者(2018年・2019年)

         「東アジアの気候変動政策とエネルギー政策の政策形成過程の比較研究」
         (代表:長谷川公一)

6. 中川恵、米沢市学園都市推進協議会研究支援金(2018年)

         「講義プロセス・成果の可視化による世代横断型社会学ワークショッププログラムの作成」

7.中川恵、米沢市学園都市推進協議会研究支援金(2018年)

         「探索的学習による地域研究手法と論点の整理2」

8.中川恵、米沢市学園都市推進協議会研究支援金(2023年)

学会報告(整理中)

1. 中川恵、2009、「地域サポーターの媒介機能と鳴子の米プロジェクト」第56回東北社会学会大会@東北学院大学土樋キャンパス(2009年7月20日)
2.中川恵、2010、「CSA(Community Supported Agriculture)と提携(Teikei)」第57回東北社会学会大会@新潟大学五十嵐キャンパス(2010年7月25日)
□.中川恵、2011、「地域支援型農業と持続可能な地域づくり」環境社会学会修士論文発表会(2011年3月19日、東日本大震災により開催中止)
3.中川恵、2011、「地域支援型農業と持続可能な地域づくり−地域が支える「鳴子の米プロジェクト」から」環境社会学会@関西学院大学(2011年6月4日)
4.中川恵、2011、「日本版CSAの類型と展開可能性」第58回東北社会学会大会@宮城学院女子大学(2011年7月18日)
5.Megumi Nakagawa, 2012, 世界農業会議@リズボン
6.中川恵、2014、「産直活動における生産者・消費者関係の変遷‐宮城県田尻町・産直委員会調査から‐」第61回東北社会学会大会@秋田県生涯学習センター分館ジョイナス(2014年7月27日)
7.Megumi Nakagawa, 2014, ””International Sociological Association Congress @Yokohama, Japan.
8.中川恵、2015、「食をめぐる社会的近接性に特徴づけられる生産者・消費者関係の学説史整理」第62回東北社会学会大会@東北大学(2015年7月19日)
9. Megumi Nakagawa, 2016, "Thinking about Alternative and Local Food Networks in Japan: Exemplification of Organic Food Groups facing the Fukushima Nuclear Accident", 3rd International Sociological Association Forum@Wien,Austria (2016年7月13日)
10.中川恵、2016、「食を介した「提携関係」概念の研究史的整理」第89回日本社会学会大会テーマセッション@九州大学伊都キャンパス(2016年10月8日)
11. Megumi Nakagawa, 2017, "What the Functions of “Trust” in Local Food Networks :Based on Literature Review from 1990 to 2016", International Symposium on Business and Social Sciences, @Bangkok, Thailand (2017年6月7日)
12.Megumi Nakagawa, 2018??, @Hongkong
13.中川恵、2023、「学校給食の歴史的経緯と特色―山形県置賜地方の小学校に着目して―」地方史研究協議会第4回研究例会・米沢史学会合同例会@山形県立米沢女子短期大学・オンライン(2023年6月17日)

教育機関でのゲスト講義・講演・企画・取材対応等

1. 講演「地域支援型農業と持続可能な地域づくり―地域が支える「鳴子の米プロジェクト」―」
  平成22年度河北町認定農業者の会研修会(山形県河北町、2011年3月2日)
2. 講演「日本のCSA運動の事例」
  たかはた共生塾・米沢地域有機農業推進協議会・高畠町有機農業推進協議会主催シンポジウム(山形県高畠町、2015月2月7日)
3. ラジオ出演「宮城県南三陸町 戸倉長清水地区の文化・風習を調査する東北大学の取り組みについて」
  J-WAVE『JAM THE WORLD』内「Heart to Heart」(2015年9月15日)
4. パネラー登壇「にっぽん・食の哲学塾2015 私たちは鳴子の米プロの活動に未来を見る」
  NPO法人鳴子の米プロジェクト主催パネル・ディスカッション(宮城県大崎市鳴子温泉、2015年11月15日)
5. 講演「川西大人塾連続講座 はじめてみましょう!地元学」
  川西町教育委員会主催平成29年度川西町生涯学習講座(山形県川西町、2017年9月23日)
6. 講演「なぜCSAをはじめるのか?情報とその活用可能性」
  河北町農業士会及び河北町就農研修生受入協議会合同研修会(山形県河北町、2017年11月27日)
7. 講演「地域課題への社会学的接近―生活文化研究所機関誌を対象に」
  山形県公立大学法人山形県立米沢女子短期大学同窓会さわらび会総会(山形県米沢市、2018年5月12日)
8. 取材協力「山形食べる通信 美しきミチノクの食文化」(2018年10月号)
9. イベント企画・コーディネート「水産業の「新3K」を目指す若者達の取組み−地域を支えるフィッシャーマンの育成」
  プロジェクト鳴子CSA第2回CSA塾(宮城県大崎市鳴子温泉、2018年11月11日)
10. イベント企画・コーディネート「生活文化展 女学生たちの綴り方」
  共催:山形県立米沢女子短期大学開学50周年記念室(山形県米沢市、2019年5月21−24日)
11. 話題提供「しゃかい学読書会 戦後の家族の変化と食(1)」寺子屋企画・田澤寺(山形県米沢市田沢、2019年7月30日)
12. 話題提供「しゃかい学読書会 戦後の家族の変化と食(2)」寺子屋企画・田澤寺(山形県米沢市田沢、2019年8月27日)
13. イベント企画・コーディネート「ワークショップ 生活史と記憶から地域の明日を考える」
  共催:山形県立米沢女子短期大学開学50周年記念室(山形県米沢市、2019年10月28日)
14. 共同コーディネート「3.11 記憶と記録」第67回日本村落研究学会地域セッション(宮城県仙台市茂庭、2019年11月9日)
15. 講演「機関誌『生活文化』に学ぶ地域と教育」
  山形県公立大学法人山形県立米沢女子短期大学同窓会さわらび会米沢支部総会(山形県米沢市、2019年11月16日)
16.講演「地域連携のゴールは何か―地元再発見?交流への活用?経済効果?―」伊達三日月街道活性化協議会年次総会(山形県米沢市六郷、2022年4月15日)
17.企画・コーディネーター「『食』からみる山形の地域課題」令和4年度「山形学」フォーラム(山形県山形市、2022年6月18日)
18. 講義「農と食のコミュニティづくり―日本版CSAに学問はどう貢献できるのか?―」日本大学生物資源科学研究科大学院特別講義(神奈川県藤沢市、2022年11月14日)
19.講義「農と食のコミュニティづくり ―鳴子の米プロジェクトに学ぶ応援消費―」事業構想大学大学院仙台校「消費社会のゆくえ」ゲスト講義(オンラインにて参加、2022月12月17日)
20.講演「食・農と地域づくり-学校給食歴史研究と昨今の関心を中心に‐」屋代村塾(山形県高畠町屋代、2023年4月30日)
21.コーディネート「Fisherman Japanに尋ねる新しい漁業の現在地」第67回環境社会学会エクスカーション―石巻―(宮城県石巻市、2023年6月11日)
22.取材協力「伊達三日月街道活性化プロジェクトに学ぶ」(山形新聞地域版、2021年6月3日)
23.審査員 第68回山形県高等学校生徒商業研究発表大会/令和5年度山形県産業教育フェア商業部会(山形県米沢市、2023年7月11日)
24.企画・運営・取材協力「座談会 現役生が考える女子短大のいまとこれから」(2023年7月12日)
25.企画・運営「高等教育のゆくえ―女子校、短期大学の今とこれからー(仮)」
  共催:山形県立米沢女子短期大学開学50周年記念室(山形県米沢市、2023年7月29日―31日)

リンク

山形県立米沢女子短期大学
まほろばの里農学校
みやぎグリーン・ツーリズム推進協議会
米沢市国際交流協会
鳴子の米プロジェクト
柿木畜産のCSA
生活クラブやまがた生活協同組合
山形県立米沢商業高校

研究カテゴリ

[環境社会学][農村社会学]、農業食料社会学



最終更新時間:2019年05月06日 16時32分38秒

32050 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて