東北大学

東北大学研文系URA室
URA

東北大学文系URA室

東北大学文系URA室は、文系4研究科(文学研究科、教育学研究科、法学研究科、経済学研究科)の教員の研究支援を目的とした部局URAです。競争的資金等の申請支援の他に、 4研究科横断的な研究ネットワークの構築、横断的研究プロジェクトの企画・支援を行うことで、東北大学における人文・社会科学分野の研究力強化を目指します。

News & Topics

一覧へ
重要:7月6日に全学向けの科研費改革説明会が開催されました。
詳細は
こちら

活動取り組み紹介

    過去の活動はこちら

2017年7月21日(第9回) クワトロセミナー

    
時間 16:30 ~ 18:00
会場 川内南キャンパス 文科系総合研究棟11階中会議室
題目 学術研究の公共性―人文社会科学がとりうる二つの戦略
講演者 原 塑(文学研究科 准教授)

第9回クワトロセミナーでは、近年の大学と研究の現状について、人文社会科学の観点から文学研究科の原塑准教授にご講演いただきます。大学の研究は、科学技術政策に大きく依拠しておりますが、人文社会科学分野に対して、現在の社会経済的問題の解決に貢献できるように、研究や組織を転換することが求められています。文学研究科内にも「科学・技術と心豊かな社会研究センター」が設置され、本センターは学際的研究を実施するための研究拠点としての役割を担うことが期待されています。しかし、このような攻めの戦略をとるだけでは、多くの学問分野は存続するのが困難になるため、旧来の学問分野を守るための戦略を、同時にとる必要があります。本セミナーでは、攻め・守り両方の戦略からもたらされる公共的利益について取り上げ、学術研究の社会的意義について議論します。


お申し込み方法:quattro_admin@ml.tohoku.ac.jp までお名前とご所属を記入してメールでお送りください
(当日参加も可能です)

詳しくはこちらをクリック→   

科学研究費獲得に向けたセミナー

文系の研究科(文学、教育、法学、経済)では、科学研究費の申請・獲得数向上が重要な課題となっているため、これから科学研究費を申請される若手の先生方や研究者の方々の参考となるように、以下の通り、科研費を獲得された先生方の経験談をお話しいただくセミナーを以下のとおり開催します。ふるってご参加ください。申し込みは、下記の文系URA業務依頼窓口のアドレスまで、お名前と所属を記載してメールをお送りください。(当日参加も可能です)

詳しくはこちらをクリック

日時 7月31日(月)13:00~14:30
会場 川内南キャンパス 文学研究科棟2F 大会議室
講演者 若手研究の部  室井 芳史 准教授 (経済学研究科)
基盤研究の部  佐藤 嘉倫 教授(文学研究科)

文系URA室への業務依頼方法

指定の業務依頼書を記入の上、文系URA室業務依頼窓口まで電子メールで送付してください。送付いただいた業務依頼書は文系URA委員会で検討を行い、同委員会から文系URA室に対して依頼内容にもとづいた業務指示を行います。

業務依頼書(Excel)

【科学研究費補助金申請の支援について】
文系URA室が支援する科研費申請の支援は、次の2点をともに満たすものに限られます。
(1)特別推進研究、基盤研究(S)、基盤研究(A)、基盤研究(B)への応募であること
(2)研究分担者に、研究代表者とは所属部局の異なる本学教員が含まれていること

文系URA室業務依頼窓口(文系URA委員長宛)
ura-kawauchi●ml.tohoku.ac.jp ※●を@にかえて送信してください