研究生を希望される外国の方へ


 研究生とは、学位を得るための課程ではなく、特定の研究題目について、指導教授のもとで研究をおこなうための 制度です。
学部または大学院において、支障のない限り、選考のうえ、入学を許可することがあります。
ただし、原則として、授業科目の単位修得はできません。

 研究生となるには、学部研究生の場合、大学(4年制)または短期大学(2年制)の関係学科を卒業している必要があります。
大学院研究生の場合は、大学院を修了(修士の学位を取得)していなければなりません。
出願前には、指導予定教員の受入承諾(願書の承認欄に署名をもらう)を得る必要があります。

 当研究室では、日本語での十分な指導を行うために、事前に日本語能力を証明する証書を提出していただきます。
提出いただいた証書より、指導にたえうる日本語能力があると判断された場合、研究生として受け入れを許可します。
研究生を希望される方は、出願前に、かならず日本語能力試験(JLPT)や実用日本語検定(J -TEST)等を受験してください。

 学部研究生となったのち、さらに大学院への進学を希望される場合は、学校教育における16年の課程を修了し、学士の学位を取得している必要があります。

 不明な点は、東北大学 大学院文学研究科・文学部 研究生等入学案内を参照ください。

 当研究室では、研究生の受入は研究室で対応し、教員個人での対応はいたしません。
 お問い合わせは、下記までご連絡ください。
 kaya.tajima.c7*tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)
ページのトップへ戻る