(In English)


 考古学陳列館には、国指定重要文化財2件477点を含む多くの資料が展示されています。収蔵点数はおよそ20万点、東北地方を中心とする旧石器時代から近世までの資料が収蔵されており、国内外の研究者・様々な機関に活用されています。これら展示収蔵資料のうち代表的な資料の一部は『考古学資料図録』1・2(東北大学文学部刊1982)などで紹介されています。出土資料が収蔵されている代表的な遺跡を紹介します。

 なお、各地の博物館、企画展等への貸出の希望があり、従来できる限り要請に応じてまいりましたが、2001年から東北大学総合学術博物館の収蔵資料整理等の事情により、資料の貸出等に不便をおかけいたします。ご理解をお願いいたします。

旧石器時代 大分県早水台遺跡、群馬県岩宿遺跡、栃木県星野遺跡、栃木県向山遺跡、栃木県磯山遺跡、大分県岩戸遺跡、新潟県荒屋遺跡、新潟県中林遺跡、長崎県福井洞穴、新潟県田沢遺跡、北海道モサンル遺跡など
縄文時代  青森県亀ヶ岡遺跡、青森県十腰内遺跡、青森県宇鉄遺跡、秋田県藤株遺跡、秋田県麻生遺跡、岩手県蛇王洞洞穴、岩手県前田遺跡、岩手県雨滝遺跡、岩手県中神遺跡、宮城県素山貝塚、宮城県大寺遺跡、宮城県明神裏遺跡、宮城県船入島貝塚、宮城県上川名貝塚、宮城県大木囲貝塚、宮城県中沢目貝塚、宮城県沼津貝塚、福島県袋原遺跡など
弥生時代 青森県垂柳遺跡、青森県瀬野遺跡、青森県二枚橋遺跡、岩手県中神遺跡、岩手県常盤遺跡、宮城県南小泉遺跡、宮城県西台畑遺跡、宮城県円田遺跡、宮城県河原囲遺跡など
古墳時代 宮城県経の塚古墳、島根県植田横穴、宮城県台町古墳群、宮城県山囲古墳、宮城県南小泉遺跡、宮城県木戸脇裏遺跡など
古代 宮城県陸奥国分寺、宮城県陸奥国分尼寺、宮城県郡山遺跡、宮城県菜切谷廃寺、宮城県木戸瓦窯址、宮城県多賀城廃寺、宮城県黄金山産金遺跡、宮城県日の出山瓦窯址など
近世資料・民族資料 宮城県切込西山磁器工房跡、北海道アイヌ民俗資料、サハリンアイヌ民族資料、サハリン先史遺跡など

BACK