考古学専修(学部)を志望する方へ


 考古学は、過去の人間社会とその文化の探求を行う学問で、歴史学のひとつの分野です。考古学の特徴は、過去の人々が残した遺跡、住居跡や墓跡などの遺構、出土した土器、石器などの遺物を主な研究の対象として、歴史の復元を進めるところにあります。考古学の対象は、人類が残したすべての遺跡と遺構と遺物ですから、日本列島はもちろん、世界中のどの地域も研究の範囲になりますし、時代という点でも、旧石器時代から近世までのほとんどの時代が、研究の対象になります。
 東北大学の考古学研究室では、日本の考古学を中心に学びます。自分たちの手で直接発掘した考古資料に直接触れながら学び、研究することができます。考古学研究室が毎年行う遺跡の調査に参加し、出土した資料の整理、観察や分析、図化の作業を通じて考古学研究の基礎を身につけます。卒業した後には、博物館や地方自治体の考古学専門職に進む道がひらかれています。
 当研究室は、東北地方の考古学の各分野を確立し、東北考古学の開拓者と仰がれる故・伊東信雄先生、日本の旧石器研究を築かれた芹沢長介先生の、両名誉教授の築かれた実証的研究の伝統を受け継いでいます。文学部考古学陳列館には、2件、477点の国指定重要文化財をはじめ、きわめて多数の収蔵資料を有しており、皆さんはこれら日本考古学の基準となる資料に実際に接しながら学ぶことになります。



岩手県前田遺跡出土土器整理分析作業


BACK