(In English)


東北大学における考古学研究は、1923年に、法文学部が開設され、翌年、喜田貞吉が就任して以来の歴史を持っています。1925年に、奥羽史料調査部が置かれ、考古資料の収集と研究がはじめられました。

 

1957年(昭和32年)、文学部に考古学講座が設けられ、旧制第二高等学校から伊東信雄先生が移られ、講座を担当されました。1971年まで、伊東先生は、宮城県素山貝塚、仙台市陸奥国分寺、国分尼寺、青森県垂柳遺跡、宮城県多賀城廃寺、多賀城跡、沼津貝塚、山王囲遺跡、福島県会津大塚山古墳、青森県瀬野遺跡など東北地方の先史・古代の重要遺跡の発掘調査とその研究を進められ、優れた先駆的な業績を残されました。


宮城県素山貝塚発掘調査(1938)
(伊東信雄『宮城県遠田郡不動堂村素山貝塚調査報告』1940より転載)

 


栃木県星野遺跡発掘調査(1973)
(芹沢長介『最古の狩人たち』1974講談社刊より転載)

1964年からは、芹沢長介先生が、考古学研究室で大分県早水台遺跡、長崎県福井洞穴、栃木県星野遺跡、向山遺跡、群馬県岩宿遺跡、大分県岩戸遺跡、新潟県中林遺跡、田沢遺跡など数多くの旧石器時代主要遺跡を調査され、日本の旧石器研究の指導者として活躍されました。

 

1978年には、須藤先生が着任し、以来、福島県墓料遺跡、宮城県中沢目貝塚、岩手県前田遺跡、中神遺跡、宮城県山王囲遺跡など、重要な先史・古代遺跡の調査と研究に取り組んできました。


宮城県土浮貝塚発掘調査(1993)


岩手県中神遺跡発掘調査(1992)

1990年には、阿子島が着任し、現在、旧石器文化の研究を担当しています。

最近では、芹沢先生と須藤先生、阿子島の指導のもとに、細石刃文化の新潟県荒屋遺跡や、ナイフ形石器文化の上ミ野A遺跡の研究報告書が刊行されました。
2009年には、鹿又が着任し、先史時代の研究に取り組んでいます。その後、山形県丸森1遺跡、高倉山遺跡、白山E遺跡、宮城県砂坂遺跡、野川遺跡などを発掘調査しています。


BACK