ホーム index>研究活動 research


☯研究活動

●これからの活動 


●これまでの活動 2010年度以前の活動はこちら
§ 2017.9.17
 応用科挙史学研究会第17回研究集会
 明代後期性理学研究の回顧と展望

 報告者:三浦秀一(東北大学文学研究科)
 良知説の行方-荒木見悟先生『陽明学の位相』 に寄せて
  コメンテータ:荒木龍太郎(活水女子大学)

 会場:アクロス福岡702会議室

§2017.7.29
 第187回中哲読書会
 清代以前における古文尚書の弁偽について
                           尾﨑 順一郎 氏


§2017.4.22
 東北シナ学会例会―新入生歓迎会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。
本年度は三浦教授が以下の講演をおこなう。
 舜の「憂喜」をめぐる解釈の展開とその思想史的意味    三浦 秀一 氏

§2017.3.3

  第186回中哲読書会
 学術講演会
 朱舜水的教育思想及其在日本的伝播
 東北大学大学院文学研究科・客員研究員(南京理工大学副教授)
                            陳 蘇民 先生


§2017.2.24

   東北シナ学会例会―卒業・修士論文発表会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。当研究室からの発表は以下の通り。

   李卓吾思想研究 性命探討の行方         相原 貴次 氏

   前漢儒家思想研究-陸買『新語』を中心として  堤    薫 氏

§2016.10.19

 第185回中哲読書会
 卒業論文構想発表会

 『易緯乾鑿度』の構造と論理
                      長谷川 郁 氏

 李卓吾思想研究 性命探討の行方
                      相原 貴次 氏

 修士論文構想発表会
 前漢儒家思想研究            堤 薫 氏

§2016.9.28

 第184回中哲読書会
 卒業論文中間発表会

 『易緯乾鑿度』巻上に於ける『周易』十翼の機能
                      長谷川 郁 氏

 李卓吾の出家目的と学問対象との関係
                      相原 貴次 氏

 修士論文中間発表会
 漢代初期儒家思想            堤 薫 氏
                          

§2016.9.20
 応用科挙史学研究会第16回研究集会
 中国近世の文献資料と諸子の思想

1:三浦秀一(東北大学)
 程策が語る明代諸子学

2:山田俊(熊本県立大学)
 注釈資料から見る金朝道家・道教思想史

 
※応用科挙史学研究会のこれまでの活動はこちら

§ 2016.9.9

  第183回中哲読書会

  秩序与定位:馬王堆帛書《経法》篇“形名観”的総体構造
    ―以所見“逆順説”為契機
                              孟 繁璞 氏

  『古文尚書攷』から見た恵棟の治経方法
                           尾崎 順一郎 氏

§ 2016.6.30
  第2回中国中世文化研究会
  特集:魏晋南北朝時代を俯瞰する

○研究発表
『漢魏叢書』と明代諸子学
           東北大学大学院文学研究科・教授 三浦 秀一

○学術講演
内爭與外壓中的體國經野之道
  ―東晉政治地理格局的幾個剖面展開
  東北大学大学院文学研究科・客員研究員(浙江大学・副教授)
                               陳 健梅 先生


§ 2016.4.11

 中国中世文化研究会研究発表会
   特集:唐五代の道教と仏教

 一、『玄綱論』中篇について
    東北大学大学院文学研究科博士後期課程    劉 暁春
 二、『祖堂集』から見た雪峰義存
    東北大学大学院文学研究科博士後期課程      祝 釗
 三、唐五代禅思想と『首楞厳経』
    東北大学大学院文学研究科准教授        齋藤 智寛



§ 2016.2.11
   東北シナ学会例会―卒業論文発表会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。当研究室からの発表は以下の通り。

   『墨子』の思想について                 中島 麻那 氏

   『荘子』の至人観―内篇を中心に―          藤井 一成 氏



§ 2015.11.18
  第182回中哲読書会
  卒業論文構想発表会


   『墨子』の思想について          中島 麻那 氏

§ 2015.10.30
  第181回中哲読書会
  卒業論文構想発表会


  『荘子』の至人観―内篇を中心に―     藤井 一成 氏

§ 2015.9.29
 応用科挙史学研究会第15回研究集会
 科挙研究の潜在的意義

 1:熊本崇(東北大学)
  経義進士と詩賦進士-宋元祐政治史における科挙問題

 2:高津孝(鹿児島大学)
  科挙社会における物語の意味

 3:討議
  司会:鶴成久章(福岡教育大学)

  日時:9月29日(火) 午後2時
  会場:文学部棟6階611演習室

  
※応用科挙史学研究会のこれまでの活動はこちら

§ 2015.3.18
  応用科挙史学研究会第14回研究集会
  清代思想史研究への展望

  1:豊島ゆう子
   黄宗羲の詩文観と科挙論
  2:尾崎順一郎
   程瑶田の学問とその評価
  3:三浦秀一
   明末清初の「性理大全」

   コメンテーター:鶴成久章(福岡教育大学)
   司会:大野晃嗣(東北大学文学研究科)


§ 2015.2.12-13

   東北シナ学会例会―卒業論文、修士論文発表会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。当研究室からの発表は以下の2氏。

  章炳麟『斉物論釈』の天籟寓話について             
                                   新目 知博 氏

  五代宋禅籍思想研究―「亭前栢樹子」問答を中心として―  
                                      祝 釗 氏

§ 2014.11.6

  第180回中哲読書会
  卒業論文構想発表会

  章炳麟『斉物論釈』における天籟寓話について
                                    新目 知博 氏

§ 2014.9.26

  第179回中哲読書会
  黄宗羲の詩文観――銭謙益の影響から独自の詩文実践へ――
                                    豊島 ゆう子 氏

  唐玄宗御注・御疏における「重玄」要素         高橋 睦美  氏

§ 2014.7.15

  第178回中哲読書会
  修士論文構想発表会
  
  「庭前栢樹子」問答について                   祝 釗  氏


§ 2014.4.26
  東北シナ学会例会―新入生歓迎会―
   
※中国文学専修、東洋史専修と共催。本年度は三浦教授が以下の講演をおこなった。
  明朝の提学官王宗沐の思想活動と王門の高弟たち  三浦 秀一 氏


§ 2014.2.12

   東北シナ学会例会―卒業論文発表会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。当研究室からの発表は以下の通り。

  董仲舒の思想                   堤 薫 氏



§ 2013.12.19
  第177回中哲読書会
  『唐玄宗御注道徳真経』および『唐玄宗御製道徳真経疏』の思想について
                              高橋 睦美 氏

§ 2013.11.29

  第176回中哲読書会
  卒業論文構想発表会
  
  董仲舒の思想―天と君主の関係―      堤  薫 氏

§ 2013.9.28

  第175回中哲読書会
   六朝期における道の体得と身体観      高橋 睦美 氏

§ 2013.3.29
  応用科挙史学研究会第13回研究集会
  明代の政治・経済と科挙

  1:渡辺健哉(東北大学文学研究科専門研究員)
   「元末明初の北京地区における交通路の整備」
   
  2:大野晃嗣(東北大学文学研究科准教授)
   「明代会試試験官に関する一考察
    ―執事官を中心に―」

  3:三浦秀一(東北大学文学研究科教授)
   「人法兼任の微意
    ―明朝正徳嘉靖期における科挙実施体制の展開とその理念―」



§ 2013.2.15

   東北シナ学会例会―卒業論文発表会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。当研究室からの発表は以下の通り。

  程明道の万物一体の仁について    浅利 真行 氏

§ 2013.1.12

 
 応用科挙史学研究会第12回研究集会
  清代士人における経学と科挙

  1:尾崎順一郎(東北大学文学研究科在学)
   「清代乾隆年間における江南士人の経学理念
      ―程廷祚から戴震へ」
    司会:三浦秀一(東北大学文学研究科)

  2:水盛涼一(東北大学文学研究科専門研究員)
   「清朝後期の支配層
     ―満蒙王公や八旗官僚と漢族科挙官僚との関係を中心に」
    司会:大野晃嗣(東北大学文学研究科)

  【特別講演】呉震(中国 復旦大学)
   「鬼神以祭祀而言―関于朱子鬼神観的若干問題」

  会場:アクロス福岡 703会議室



 § 2012.10.12

  第174回中哲読書会―卒業論文構想発表会―
   程明道の万物一体の仁について         浅利 真行 氏


 § 2012.9.21

  第173回中哲読書会
   日本の中国思想研究における《老子》と法家の関連性について
                                 許 建良  氏

 § 2012.9.18
 
 応用科挙史学研究会第11回研究集会
  明代科挙史研究の応用局面―書院と大全―

  鶴成久章(福岡教育大学教育学部)
  「天真書院と陽明門下」

  三浦秀一(東北大学文学研究科)
  「性理大全書受容史研究―序説と三つの断章―」



 § 2012.7.22
  第172回中哲読書会
  唐玄宗御注御疏における「沖和」
                        高橋 睦美 氏

  江南地域における戴震経学普及の背景
                      尾崎 順一郎 氏


 § 2012.3.24
  第171回中哲読書会
  蘇軾と『論語』             田中 正樹 氏

 § 2012.3.9(金) 14:00~17:00
   SENDAI漢籍SEMINAR「東北大学における漢学」
   
   三浦秀一(東北大学文学研究科)
   「古籍の帰還もしくは孝経の蒐集
    ―武内義雄名誉教授旧蔵書と狩野文庫―」
     討論者:宇佐美文理(京都大学文学研究科)

   齋藤智寛(東北大学文学研究科)
   「ふみといしぶみの六祖慧能
    ―常盤大定旧蔵拓本コレクションを中心として―」
     討論者:古勝隆一(京都大学人文科学研究所)
   
   会場:東北大学百周年記念会館「川内萩ホール」会議室
       ※来聴歓迎→詳細情報はこちら


 § 2012.2.21-22
   東北シナ学会例会―卒業論文、修士論文発表会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。当研究室からの発表は以下の4氏。

  『荘子』における物化について
                           今井 雅之 氏
  何心隠の思想―その講学思想について―
                           小山 督理 氏
  翁葆光の『悟真篇』解釈とその周辺  
                           金子 由佳 氏
  黄宗羲の思想―「自得」の追求と『明儒学案』の立場―
                           豊島ゆう子 氏


§ 2012.2.14
   応用科挙史学研究会第10回研究集会
   明清両学の個別性と共通性―日本人研究者からの発信―
   
   佐藤錬太郎(北海道大学文学研究科)
   「明代朱子学与陽明学」
    司会:呂妙芬(中央研究院近代史研究所)
  
   尾崎順一郎(東北大学文学研究科在学)
   「皖派成立攷」
    司会:鄭吉雄(台湾大学中国文学系)



§ 2012.2.13
   応用科挙史学研究会第9回研究集会
  明清両学の個別性と共通性―台湾人研究者からの発信―

   呂妙芬(中央研究院近代史研究所)
   「明清之際儒学研究心得」
    司会:佐藤錬太郎(北海道大学文学研究科)

   鄭吉雄(台湾大学中国文学系)
   「論戴震与章学誠的学術因縁」
    司会:三浦秀一(東北大学文学研究科)


 § 2011.10.29

   修士論文構想発表会
   『悟真篇』とその注釈者翁葆光の思想     
                                金子由佳 氏

 § 2011.10.21
  第170回中哲読書会―卒業論文構想発表会―
  『何心隠の思想』―講学思想を中心に―     小山督理 氏

 § 2011.9.30
  第169回中哲読書会―卒業論文構想発表会―

  『荘子』における「存在」試論~「斉同」と「物化」を手掛かりに~
                                 今井雅之 氏

 § 2011.8.12
  第168回中哲読書会―修士論文構想発表会―

  黄宗羲の思想―劉宗周理解から『明儒学案』編纂の立場へ
                               豊島ゆう子 氏

 § 2011.8.11
  応用科挙史学研究会第五回ワークショップ
   明代科挙関連文献研究

  一、明代書坊における挙業書の出版
      -劉氏慎独斎の活動を手掛かりに-
                              渡辺健哉

  二、明代会試の試験官に関する基礎的研究
      -会試録を材料に-
                              大野晃嗣

  三、程文の代作と「二業合一」論
                              三浦秀一

 § 2011.8.4  
  
  応用科挙史学研究会第四回ワークショップ
   明清の科挙と官僚社会

  一、郷試考官に招かれた「進士教職者」
      -明朝嘉靖期の事例を中心に―
                              三浦秀一
  二、科挙正途官僚と雑途官僚
      -『同官録』より見た清末官僚社会の変容―
                              水盛涼一

§ 2011.5.14
  東北シナ学会例会―新入生歓迎会―
  
※中国文学専修、東洋史専修と共催。本年度は三浦教授が以下の講演をおこなった。
  明朝嘉靖期の科挙と王門欧陽徳の学問  三浦 秀一 氏

※ページトップへ戻る


●2010年度以前の活動
 § 2011.2.15-16

   東北シナ学会例会―卒業論文、修士論文発表会―
    ※中国文学専修、東洋史専修と共催。当研究室からの発表は以下の4氏。


   『天主実義』における中西問答について
                             
中島彰宏 氏
  戴震の思想ー『孟子字義疏證』における欲と仁義礼ー
                             
佐藤里奈 氏
   蘇軾、蘇轍における「道」について
                             
渡邊秀一 氏
  伊藤仁斎の人間観について
                             
宣 芝秀 氏


 § 2010.11. 6
  第167回中哲読書会―卒業論文構想発表会―
   『天主実義』における中西問答について
   ー西士利瑪竇の立場を中心にー      
中島彰宏 氏

   戴震の思想ー孟子字義疏證における欲望と秩序ー
                             
佐藤里奈 氏

 § 2010.10.1
  中国思想学術講演会
   銭明 先生(浙江省社会科学院)
   地域性と時代性ー数年来の明清思想研究


§ 2010.9.25
   応用科挙史学研究会第8回研究集会
    明代科挙学各論(人物与文化篇)

   渡辺健哉(東北大学文学研究科)
    「元・明代における挙業書の展開」
   三浦秀一(東北大学文学研究科)
    「郷試考官としての林光と王守仁」
   鶴成久章(福岡教育大学教育学部)
    「朱舜水の語った明代科挙」



§ 2010.9.24
   応用科挙史学研究会第7回研究集会
    明代科挙学各論(社会与制度篇)

   大野晃嗣(東北大学文学研究科)
    「明代中期の社会と監生―天順成化年間を中心に」
   三浦秀一(東北大学文学研究科)
    「明代中期の郷試考官と「副榜挙人」」
   陳長文(魯東大学歴史文化学院)
    「明代教官進士登科考」

    ※応用科挙史学研究会の過去活動はこちら

 § 2010.7.23
  第166回中哲読書会―修士論文構想発表会―
  伊藤仁斎の「忠恕」再考             宣 芝秀 氏


※ページトップへ戻る

ホーム index