Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
Links
シーボルトプログラム
グローバル安全学 トップリーダー育成プログラム
東北大学文系URA室
川内南地区倫理委員会
東北大学

2010年度 催し案内

ご注意

[参考:2009年度催し案内 / 2011年度催し案内 ]

終了した催し

日 時名 称 ・ 内 容場 所主 催備 考
4月27日(火)
14:40〜
第359回国語学研究会
「断り」言語行動の日中対照研究  韓文博氏(東北大学大学院生)
近代における受身研究 ―明治期翻訳文を中心に―  金玉娟氏(東北大学大学院生)
漢語複合名詞のの語構成について 曾叡氏(東北大学大学院生)
日中語彙の対照研究 ―同形同義語をめぐって―  譚紅燭氏(東北大学大学院生)
「広」の字体について  山下真里氏(東北大学大学院生)
複合辞による条件表現の考察 ―「とすれば」「とすると」を中心に―  李青氏(東北大学大学院生)
日中語のアスペクト対照研究 ―語彙レベル及び文レベルを中心に―  毛偉氏(東北大学大学院生)
文学研究科103演習室 (文・法合同研究棟1階) 東北大学国語学研究室 問合せ: 国語学研究室 Tel-FAX: 795-5988
どなたでも参加できます。参加は無料です。当日、発表資料を配付致します。 ※会場変更の可能性有。当日の掲示をご確認下さい。
6月1日(火)
13:00〜14:30
大学院GP国際セミナー ニコラス・リーヴス「ツタンカーメンの黄金のマスクの謎」
大英博物館エジプト部門元キュレーターのニコラス・リーヴス氏を お招きし、ツタンカーメンの黄金のマスクについてご講演いただきます。
どなたでも聴講できます。講演は英語でおこなわれます。通訳はありません。
文学研究科第1講義室 (中講義棟) 大学院GP 組織的な大学院教育推進プログラム 美学・西洋美術史研究室, Tel:022-795-6019
6月3日(木)
16:20〜
第360回国語学研究会
逆使役構文は常に再帰構文として分析できるか ―北海道方言のデータによる検証―   佐々木冠 氏 (札幌学院大学教授)
文学研究科311講義室 (文学研究科研究棟3階) 東北大学国語学研究室 問合せ: 国語学研究室 Tel-FAX: 795-5988
どなたでも参加できます。参加は無料です。当日、発表資料を配付致します。
6月19日(土)
13:00〜16:25
20日(日)
10:00〜16:30
第34回地中海学会大会
6月19日(土)
 ・記念講演 「古代地中海世界のローマ人 ── 社会史的考察」 松本 宣郎氏
 ・地中海トーキング 「島の魅惑 ── ああ,松島や」
6月20日(日)
 ・研究発表
  「オーセールの大判絹錦《タカの図》 ── 布が伝えるビザンティン文化の軌跡」 山中 良子氏
  「ギベルティからベルニーニへ ── 鋳造された蜥蜴のモチーフをめぐって」 佐藤 仁氏
  「舟運都市ヴェネツィアの近代化 ── 19世紀から20世紀初頭を中心に」 樋渡 彩氏
 ・授賞式
 ・総 会 (地中海学会会員のみ)
 ・シンポジウム 「フロンティア ── 周縁か中心か」
川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 マルチメディアホール (2階) 地中海学会 問合せ: 美学・西洋美術史研究室, Tel:795-6019
大会参加費(二日間)は会員1000円、非会員2000円を当日受付でお支払いください。
6月24日(木)
16:20〜17:50
文学部・文学研究科2010年度就職講座
講座テーマ「東北大学文系学生の進路−文学部・文学研究科の場合−」
 講演1「今春卒業生の進路分析」(千葉政典氏)
   2「文系学生の進路を考える−進学、就職について−」(松坂暢浩氏)
文学研究科視聴覚室 (文学研究科研究棟3階) 文学研究科入試就職室 問合せ: 就職・渉外担当三浦秀一 795-6027
所属・学年は不問。聴講無料。
7月10日(土)
13:00〜17:50
11日(日)
9:15〜12:25
言語学講演会
外池滋生 教授(青山学院大学) 「ミニマリスト・プログラムと日英語比較統語論」
詳細情報
文学研究科135講義室 (文学研究科研究棟1階) 東北大学言語研究室 問合せ: 言語学研究室 Tel-FAX: 795-5983
7月28日(水) 〜 29日(木) オープンキャンパス
詳細情報をご覧ください。
文学部 文学部
7月28日(水) 〜 29日(木)
15:30 〜 17:30
大学院説明会
詳細情報をご覧ください。
文学研究科視聴覚室 (文学研究科研究棟3階) 文学研究科
9月14日 (火)
14:00〜
第361回国語学研究会
琉球方言におけるハ行子音の変遷/内間早俊氏(東北大学大学院生)
文科系総合研究棟306教室 東北大学国語学研究室 問合せ: 国語学研究室 Tel-FAX: 795-5988
どなたでも参加できます。参加は無料です。当日、発表資料を配付致します。
5月15日(土) 〜 9月18日(土) 第9期有備館講座 「人間」を科学する ―文学部の発想―
1)5月15日 辻本昌弘准教授(心理学)
 人間の心理と行動:人は自分のことをどこまで知っているのか
2)6月19日 鈴木岩弓教授(宗教学)
 宗教から「人間」を科学する
3)7月17日 森本浩一教授(ドイツ文学)
虚構としての「人間」
4)8月21日 沼崎一郎教授(文化人類学)
  文化の翻訳―文化人類学のアプローチ―
5)9月18日 熊本崇教授(東洋史学)
  北宋の首都開封―「東京夢華録」の世界―
大崎市岩出山 スコーレハウス 文学研究科 高橋研究室 Tel: 795-5989, スコーレハウス Tel: 0229-72-0357
6月5日(土) 〜 10月2日(土) 第三期斎理蔵の講座 「人間」の発掘
1)6月5日 芳賀京子准教授(西洋美術史学)
  「《ラオコーン》の彫刻家たち」
2)7月3日 片岡龍准教授(日本思想史学)
  「リメンバー!ウーマンリブ」
3)8月7日 田中重人准教授(日本語教育学)
  「ワーキング・ウィメンズ・ネットワークを形成した運動家たち」
4)9月4日 今井勉准教授(フランス文学)
  「河野与一とフランス文学」
5)10月2日 千種眞一教授(言語学)
  「辞書論から見た大槻文彦の『大言海』」
伊具郡丸森町 斎理屋敷 文学研究科 高橋研究室 Tel: 795-5989, 丸森町教育委員会・生涯学習斑 Tel: 0224-72-3036
9月25日(土) 〜 10月2日(土) 「ムカサリ絵馬」展 〜描かれた死者の結婚式〜
〈死者の結婚式〉が描かれた絵馬である「ムカサリ絵馬」を展示。山形県村山地方の9の寺院と山形県立博物館の協力を受け、展示総数は86点。
開 場/午前10時〜午後5時
入場料/無料

*ギャラリートーク:9月26日 午後3時から(参加無料)
附属図書館本館展示室 「ムカサリ絵馬」展 実行委員会 詳細情報, E-mail: mukasari@gmail.com
10月2日(土) 〜 3日(日) 日本民俗学会 第62回年会
10月2日 13:00〜16:30 公開シンポジウム「生老病死にみる民俗の変化」
●スピーカー
 生 ■ 島薗 進   東京大学教授:宗教学
 老 ■ 宮本 みち子 放送大学教授:家族社会学
 病 ■ 波平 恵美子 お茶の水女子大学名誉教授:医療人類学
 死 ■ 森 謙二   茨城キリスト教大学教授:法社会学
●コメンテーター
    新谷 尚紀  國學院大學教授:民俗学
    小池 淳一  国立歴史民俗博物館准教授:民俗学
●コーディネーター
    鈴木 岩弓  東北大学教授:宗教民俗学
●司会
    小谷 竜介  宮城県教育委員会:文化人類学

10月3日  9:30〜16:00 研究発表(詳細はウェブサイトを参照)
川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 マルチメディアホール (2階) 日本民俗学会 第62回年会 実行委員会 詳細情報
10月9日(土)
14:00 〜
東北大学交換留学生同窓会設立記念 海外留学・研修成果報告会
工学部青葉記念会館 5 階 501室 東北大学交換留学生同窓会「幹事会」 詳細情報
10月9日(土) 〜 10日(日)
東北大学103周年ホームカミングデー
9日13:00〜15:50に仙台セミナー「東北の精神(こころ)−“場”が生みだす価値と選択−」(入場無料、事前申込必要)など。詳しくは、詳細情報をご覧ください。
百周年記念会館 川内萩ホールほか 東北大学、東北大学萩友会、 東北大学103周年ホームカミングデー実行委員会
10月16日(土)
15:00 〜 18:00
言語学講演会
◆ 岡 俊房(福岡教育大学)
   SVO vs. SOV, featuring Case
◆ 浦 啓之(関西学院大学)/石野 尚(関西学院大学大学院生)
   分離束縛の類型論とMultiple Agree
文科系総合研究棟中会議室 (11階) 東北大学言語学研究室 問合せ: 言語学研究室 Tel: 795-5983
10月26日(火)
14:40 〜 16:10
ミシェル・ミュラ先生(パリ第四大学教授)講演会
ランボー研究者として世界的に著名なミュラ先生に、「ランボーの物語散文:『地獄の季節』プロローグの研究」と題する講演会を行っていただきます。日本語通訳がつきます(要約説明となる場合もあります)。入場無料。ご来聴を歓迎いたします。
文学研究科大会議室 (文学研究科研究棟2階) フランス語学フランス文学研究室 詳細情報, 問合せ: 今井勉 E-mail: tsutomu@sal.
11月2日 (火)
15:00〜
第362回国語学研究会
受身文の〈中立性〉に関する考察/李仙花氏(東北大学大学院文学研究科専門研究員)
文学研究科103演習室 (文・法合同研究棟1階) 東北大学国語学研究室 問合せ: 国語学研究室 Tel-FAX: 795-5988
どなたでも参加できます。参加は無料です。当日、発表資料を配付致します。
11月3日(水・祝)
東北大学市民オープンキャンパス 「紅葉の賀」
野点・俳句会・植物園散策・公開講演会など、盛りだくさんの文化行事で例年ご好評をいただいている「東北大学市民オープンキャンパス」。「青春のエッセー阿部次郎記念賞」選考結果報告も同時開催です。
東北大学植物園、文学部第1講義室 文学研究科・植物園 詳細情報
11月12日(金)
13:30 〜 15:30
日本語教育講演会
「言語の教育からコミュニケーションの教育へ」
講師:野田尚史 (大阪府立大学 教授)
東北大学植物園講義室 日本語教育研究室 問合せ: 日本語教育研究室 Tel: 795-5994
11月27日(土) 〜 28日(日) 日本言語学会第141回大会
第1日 (11月27日(土)
  * 13:30〜17:10 口頭発表
  * 17:30〜20:00 懇親会
第2日 (11月28日(日)
  * 10:00〜11:40 口頭発表・ワークショップ
  * 12:00〜13:00 ポスター発表
  * 13:00〜16:30 公開シンポジウム 「脳科学と言語学の対話」
東北大学川内北キャンパス 日本言語学会 詳細情報
11月29日(月)
9:30 〜 16:30
ワークショップ:「ミニマリズムとカートグラフィーのインターフェイス」
江本博昭
   “Transfer domains”
北田伸一
   “Passive as a consequence of feature inheritance”
中村太一
   “Feature inheritance and phase-driven head movement”
大倉直子(神田外語大学言語科学研究センター非常勤研究員)
   “Passivization in ditransitives and honorifics”
Cornelia D. Lupsa (岩手県立大学)
   “Romanian sentence adverbs and root complementizers”
西山國雄(茨城大学)・小川芳樹(東北大学)
   “Auxiliation, atransitivity, and transitivity harmony in Japanese V-V compounds"
Cedric Boeckx(バルセロナ大学)
  “Minimalism vs. minimalism: The notion of‘phase’as a case study”
Guglielmo Cinque(ベニス大学)
  “Toward a unified analysis of relative clauses”
文学研究科大会議室 (文学研究科研究棟2階) 英語学研究室・神田外語大学言語科学研究センター 問合せ: 英語学研究室 Tel: 795-5965. 詳細情報
12月11日(土)
14:00〜16:00
日本思想史研究会12月例会
題目:「近世における轆轤首の語られ方」
発表者:三浦達尋氏(東北大学大学院)
文学研究科研究棟611教室 日本思想史研究会 問合せ: 日本思想史研究会
12月11日(土)
14:00〜16:00
日本文芸研究会2010度第2回研究発表会
題目:「南原繁の秩序意識―『国家学会雑誌』上における論争を中心に―」
  発表者:森川多聞(東北大学大学院)
題目:「雑誌『家の光』における〈農村〉の射程─誌面改良の動きを巡って─」
  発表者:河内聡子(東北大学大学院)
文学研究科研究棟909演習室 日本文芸研究会 詳細情報
12月23日(木)
14:00〜17:00
富山太佳夫講演会
青山学院大学教授・富山太佳夫氏をお招きし、18-20世紀のイギリスにおける様々な〈他者〉表象について論じていただきます。講演者とフロアが近い距離で意見を交わせるような会にしたいと思っています。
文学研究科研究棟807演習室(8階) 英文学研究室 詳細情報
1月21日(金)
16:20 〜 18:20
第90回宗教学研究会
「山形県小国町の信仰と民俗」と題し、松山茂氏(小国町教育委員会)にご講演いただきます。来聴歓迎! 研究会のあと懇親会を予定しています。
文学研究科311講義室 (文学研究科研究棟3階) 宗教学研究室 問合せ: 宗教学研究室 Tel: 795-6022
2月1日(火)
16:00 〜
第363回国語学研究会
インターネット上の表現スタイル ―非言語的要素の機能とその分類―
  鄭嘉玟 氏(東北大学大学院生)
「webにおける感情表現」の分類とネットコミュニティにおける違いについて
  加藤綾子 氏(東北大学大学院生)
古代日本語における助詞「も」の研究
  金崎えり 氏(東北大学大学院生)
文章構築プロセスにおける意味連鎖と話題の組織化
  鯨井綾希 氏(東北大学大学院生)
近世江戸語における終助詞の研究
  黄孝善 氏(東北大学大学院生)
若者雑誌からみた非標準的カタカナ表記語の機能
  李蕊 氏(東北大学大学院生
文科系総合研究棟306教室 国語学研究室 問合せ: 国語学研究室 Tel: 795-5988
どなたでも参加できます。参加は無料です。当日、発表資料を配付致します。
2月17日(木) 〜 19日(土)
The 3rd Scienceweb GCOE International Symposium
哲学・倫理学研究室が参画するGCOE「物質階層を紡ぐ科学フロンティアの新展開」主催の国際シンポジウムです。苑挙正先生、林永強先生、張政遠先生による講演、及び本研究科院生によるポスター発表が行われます。
理学研究科大講義室、及び総合棟 グローバルCOEプログラム「物質階層を紡ぐ科学フロンティアの新展開」 詳細情報
2月21日(月)
東北シャマニズム研究会国際シンポジウム
テーマ:「身体的実践としてのシャマニズム」
パネリスト:
【基調講演】
・ロベルト・アマヨン(フランス高等研究実習院名誉教授)
【研究発表】
・佐藤憲昭(駒澤大学教授:宗教人類学)
・佐々木清志(岩手済生医会岩手保養院:精神医学)
・山田仁史(東北大学准教授:神話学・宗教民族学)
・菊谷竜太(東北大学助教:インド・チベット文献学)
川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 マルチメディア教育研究棟大ホール (6階) 主催: 東北シャマニズム研究会
後援:文学研究科(研究科長裁量経費)、東北アジア研究センター(共同研究助成)
問合せ: 東北シャマニズム研究会
ポスター
3月15日(火)
13:30 〜
第364回国語学研究会
鹿児島県における動詞の音便
 坂喜美佳 氏(東北大学大学院生)
文学研究科311講義室 (文学研究科研究棟3階) 国語学研究室 問合せ: 国語学研究室 Tel-FAX: 795-5988. どなたでも参加できます。参加は無料です。当日、発表資料を配付致します。
3月18日(金) 〜 19日(土) 英語学研究会講演会
講師  奥 聡氏(北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院・准教授)
日時・演題
 ・3月18日(金)15時45分 〜 17時45分
   「インターフェースと派生の経済性」
 ・3月19日(土)10時00分 〜 12時00分
   「ゼロ項の恣意的解釈と動詞タイプ」
文学研究科棟811講義室(8階) 英語学研究会 英語学研究室 Tel:795-5865, Mail: english@sal.
3月19日(土)
東北大学チベット資料研究会シンポジウム
テーマ:「東北大学チベット資料をめぐる諸相(仮)」
パネリスト:
井内真帆(神戸市外国語大学研究員)
菊谷竜太(東北大学助教)
高本康子(群馬大学)
海野啓之(東北大学助手)
桐原健真(東北大学助教)
吉崎一美(東洋大学修了)
川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 マルチメディアホール (2階)
3月19日(土)
13:00 〜 15:00
東北社会学会・研究例会
【報告者】 永井彰(東北大学大学院文学研究科)
【タイトル】 「ハーバーマスの社会理論―視座と方法」
【司会】 正村俊之(東北大学大学院文学研究科)
【コメンテーター】 徳川直人(東北大学大学院情報科学研究科)
文科系総合研究棟204演習室 東北社会学会 社会学研究室

文学研究科・文学部のホームページに戻る