第111回日本言語学会(1995年10月15日、東北大学)研究発表要旨

ウゴル語における動詞形態論:特に受動形態素に関して

野瀬 昌彦
関西外国語大学大学院

ウラル語族において、その中の1つであるウゴル語派には、ハンガリー語とボグル語、オスチャーク語と がある。そのウゴル語における受動態、受動構文に関して、動詞の形態論の立場からの分析を機能主義的な 受動観でもって行なうものである。本発表で問題にするのは、ウゴル語における受動形態素の実態、ウゴル 語においてなぜ受動がハンガリー語では衰退しボグル語とオスチャーク語では発展したのかということ、そ してハンガリー語の受動の衰退に対する代わりの受動構文の発生の過程、の3つである。これらについて、 ウラル比較言語学のデータを基盤に置いた上で、形態論的及び認知的考察を進める。

先行研究でも、ウゴル語の受動形態素がそれぞれ形態的に異なる(祖ウゴル語や祖ウラル語の起源とはみ なされない)ことや、その受動表現がハンガリー語では衰退し、ボグル語とオスチャーク語では発達した事 実は指摘されている。しかしこの原因については簡単には説明することはできなかった。ここで、受動に関 して機能主義的な観点から説明すると、被動作主を話題化させること、動作主を背景化させること、イベン トを状態化させることの3点の機能に集約できる。文法において、この機能を受動形態素が背負っているこ とから、その受動形態素について、動詞形態論の考えを導入してウゴル語の動詞を改めて観察する。さらに 文法化という認知的な観点からウゴル語のそれぞれの受動形態素を評価すると、ウゴル語の受動要素は祖ウ ゴル語の時代に特定の同一の形態が存在したとは考え難く、各ウゴル語が後に受動形態素へ独自に文法化さ せていったと想定できる。ハンガリー語での受動形態素の衰退については、受動態への関連性の低下と代わ りとなる新たな受動形態素の文法化の発生が考えられる。この事実は受動形態素の文法化において、談話レ ベルと文法レベルの間に機能的側面が媒介している点に依っている。


URL:http://www.sal.tohoku.ac.jp/ling/nose.html
2019-05-31T15:45:26+09:00
All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 1995-98, NOSE Masahiko
Dept. of Linguistics
Faculty of Arts and Letters, Tohoku University
Aoba-ku, Kawauti 27-1
980-8576 Sendai, Japan

〒980-8576 仙台市青葉区川内27番1号 東北大学文学部言語学研究室
E-mail: gothit/at/tohoku.ac.jp