哲学倫理学合同研究室

東北大学文学部/大学院文学研究科

活動

刊行雑誌

『思索』(東北哲学研究会編)

哲学・倫理学合同研究室の出身者を主体に組織された「東北大学哲学研究会」によって、年1回発行されている学術雑誌です。創刊は昭和43年ですが、その巻頭言(木場深定先生執筆)に次のようにあります。

「東北大学に哲学および倫理学の講座が開設せられてから、すでに四十有余年を閲する。由来、各自の関心と問題に応じて自由に研究を進め、独自に思索を深めるという指導の方法が採られたためもあって、特に謂わゆる学派というようなものの形成は見られなかった。しかし長年に亘る薫修によっておのずから醸成せられた学統・学風がその間に窺われることは否めないように思う。或いは地味と言われ、或いは重厚とも評されたが、要は先ず所依の原典や事象そのものに即した厳正な学究的態度を、少なくともその基礎としたものであると言ってよい。ただ憾むらくは、このような着実な研究の成果も、それを随時に掲載しうる固有の機関誌を今に至るまで持つことがなかった。東北大学哲学研究会は、この年来の宿望に副うべく、主として新進の研究者の業績発表の場として、ここに研究誌『思索』を発刊する。」

わたしたちは、発刊に際してこのように述べられていた東北大学哲学・倫理学研究室の学風をいまに受け継ぎ、そして未来に向けてさらに豊かなものとするべく、教員と学生が一丸となって『思索』の発行にあたっています。

  • 現在、東北大学図書館機関リポジトリへの登録作業中です。
  • こちら(旧ページ)から、過去に発行された『思索(しさく)』の著者名や論文名をご覧頂けます。

『モラリア』(東北大学倫理学研究会編)

哲学・倫理学合同研究室の出身者を主体に組織された「東北大学倫理学研究会」によって、『思索』の姉妹雑誌として1994年に創刊されました(年1回発刊)。主に、『哲学』(日本哲学会)・『倫理学年報』(日本倫理学会)など、全国学会の機関誌にすでに掲載論文がある大学院生や研究室に関連のある大学教員によって執筆されています(特集号を除く)。各自、それまでに蓄積した研究成果にもとづいて、現代社会のさまざまな問題に意欲的に取り組んだ論考が掲載されています。

  • 現在、東北大学図書館機関リポジトリへの登録作業中です。
  • こちらから20号〜22号に掲載された論文等を検索できます。
  • こちら(旧ページ)から、過去に発行された『モラリア』の著者名や論文名をご覧頂けます。

講演会・研究会

フッセル・アーベント

毎年春に開催される講演会です。現象学に造形の深い研究者を招き、議論が行われます。

  • (更新作業中)

旧KNS研究会

集中講義で来ていただいた先生にご講演いただき、哲学の議論を深めます。

  • (更新作業中)

東北哲学会

東北大学哲学倫理学合同研究室に事務局を置く学会です。東北各地の大学を会場に、毎年研究大会を開催するとともに、学会誌『東北哲学会年報』を発行しています。


トップページへ