哲学倫理学合同研究室

東北大学文学部/大学院文学研究科

学生生活

学部

哲学専修

哲学専修は、様々な事柄や事態の根本を探究することを目指しています。もちろん、考えるのは私たち自身ですから、自分にとって一番重要な問題を、自ら考えるということが大切になるでしょう。学部ではそのための修練を積み重ね、その成果を卒業論文として完成することになります。私たちにとって重要な問題の多くは、すでに哲学者たちも考えてきていたはずですから、それらを手がかりに、問題の本質に精緻に肉薄して行くというわけです。哲学専修では古代ギリシアから現代までのヨーロッパの哲学思想を研究対象とし、そのテキストを原典で読んでいきますが、それは哲学者たちの思索の営みを精確に追思考することを通して、事柄の本質と広がりを、現代の私たち自身のものとするためにほかなりません。

学部の専門科目は、講読、概論、各論、演習の4種類です。概論と各論は、基本的に講義形式で行われます。講読は2年次に始まる、最初に原典に取り組む授業です。演習はさらに進み、内容に深く沈潜し、哲学者たちの思考および思想の核心に迫る読み方を学びます。哲学者たちの思想を理解することはもちろんですが、一語一語を丹念に読み解くことを通して、私たち自身の思考力を鍛錬するのも、演習という授業の大きな目的です。哲学専修で取り扱う主なテキストは、ギリシア語、ラテン語の2古典語と、英語・ドイツ語・フランス語の3近代語で書かれたものです。このうち近代の2カ国語は必要になりますが、思想の歴史的伝統を考える時、古典語の一つにある程度の素養があった方がいいでしょう。問題への関心と哲学者への関心とが、どの言語を選ぶかの一つの基準になるでしょう。たとえば、イデア論とプラトンに興味のある人にとってギリシア語が必須になるように。

シラバス(平成29年度版)

卒業後の進路

こちらをご覧ください。

倫理学専修

倫理学専修では、ドイツとフランスの倫理思想を中心としてヨーロッパの諸思想を体系的ならびに歴史的に研究しています。とくに人間における生と死、自然と自由、自己と他者、文化と価値といった基本問題をはじめ、現代の文明と社会が引き起こす環境や生命の問題にもとりくみながら、人間とは何か、人間はいかに生きるべきか、という初心の問いのもとに、人間存在の根本的な本質と全体的な構造を追究しています。そのかぎり、すぐれた意味において<人間の学>であるといえるでしょう。

研究を進めるうえで外国語(英語・ドイツ語・フランス語など)の読解能力が必要になります。それはたんに研究手段となるばかりでなく、思考力を鍛え、世界観や人生観を広げてもくれます。

私たちの研究室は哲学専修とともに合同で研究活動や諸行事を行っており、両専修の教員と学生の交流も活発に繰り広げられています。また、豊富に取りそろえられている全集や専門雑誌などの図書資料も自由に活用することができます。

倫理学専修における学部生向けの開講科目は「基礎専門科目」と「専門科目」に大別されます。「基礎専門科目」として倫理思想概論・倫理思想基礎講読が、また「専門科目」として倫理思想各論・倫理思想演習が開講されています。哲学専修開講の対応科目(哲学思想概論・哲学思想基礎講読、あるいは哲学思想各論・哲学思想演習)と組み合わせて履修することによって、はば広い知識と思考能力を身につけることが期待されています。

シラバス(平成29年度版)

卒業後の進路

こちらをご覧ください。

大学院

哲学専攻分野

本専攻分野においては、古代ギリシアに始まり、主として西欧世界に受け継がれて今日に至っている西洋哲学の営みを引継ぎ、さらに推進することが目指されています。

そこで研究は、先人たちの思想的遺産を研究対象とする歴史的考察と、哲学の問題そのものと対峙する体系的考察とを車の両輪として進められます。

スタッフの専門分野は古代中世哲学、近現代哲学、科学哲学、生命環境倫理学などであり、講義や研究演習を通して、原典(英語、独語、仏語、ギリシア語、ラテン語に亙る)の厳密な読解と、それに基づく哲学的探究を実践すると共に、研究能力を身につける訓練を行っています。

学生は、自ら選んだテーマをめぐって、先人と対話すべく原典に向かい、また先行研究を押えた上で、自らの思索を展開することが求められます。

大学院の授業は、演習が中心になります。学部での演習と同じ方針で行われていますが、さらに徹底した読みと解釈を追究します。その主体が学生になるのが、学部との大きな違いでしょう。教員はいわば共同の読み手として、授業をリードしますが、理解や解釈の主体は学生自身です。基本的には哲学者たちのテキストが用いられますが、テキストの解釈をめぐって、研究論文を参照したり、それに基づく研究発表も行われます。何よりも一人ひとりがなぜ、如何に、何のためにそのように読解できるのかが問われます。また大学院では、学生本人が自らの研究を推し進めることが主目標となりますから、その指導をかねて、各自が書き進めている論文の構想発表の時間を設け、教員と学生が一緒になって問題の所在を議論する授業も行います。前期課程は修士論文を、後期課程は博士論文を書き上げなくてはなりません。その際教員との個人的な指導関係が大切になると言えるでしょう。

シラバス(平成29年度版)

修了後の進路

こちらをご覧ください。

倫理学専攻分野

倫理学研究室では、ドイツとフランスの倫理思想を中心としてヨーロッパの諸思想を体系的ならびに歴史的に研究しています。とくに人間における生と死、自然と自由、自己と他者、文化と価値といった基本主題をはじめ、現代の文明と社会が惹起する環境や生命の問題にもとりくみながら、人間存在の根本的な本質と全体的な構造を追究しています。研究を進めるうえで外国語(ヨーロッパの近代語、さらにできれば古典語)の読解能力が必要になります。

また、私たちの研究室は哲学専修とともに合同で研究活動や諸行事を行っており、両専修の教員と学生の交流も活発に繰り広げられています。豊富に取りそろえられている全集や専門雑誌などの図書資料も自由に活用することができます。

なお、倫理学研究室では現在、「日曜大学」として、市民参加型の定期公開講義・討論会を毎月実施しています。暇つぶしの方から大学院社会人コースを目指す方まで、いろいろな方が集っています。内容も哲学、文学、芸術から折々の時事問題にいたるまで多岐にわたります。参加ご希望の方はこちらまでお問い合わせください。

倫理学専修における大学院生向けの開講科目は「倫理学特論」(I~IIIと「倫理学研究演習」(I~VI)に大別されます。研究演習では、原典の厳密な読解法を身につけるのはもちろんのこと、自分でテーマを設定しそれに関してみずからの思考を展開する論文作成の訓練も実施されています。哲学専修開講の対応科目(哲学特論・哲学研究演習・古代中世哲学研究演習・近現代哲学研究演習・科学哲学研究演習・生命環境倫理学研究演習)を取り入れながら履修することによって、より専門的な思考能力を身につけることが期待されています。

シラバス(平成29年度版)

卒業後の進路

こちらをご覧ください。


トップページへ