トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS10 RSS20 ATOM ログイン

ラファエラ・デワンタリ・ドゥイアントの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ラファエラ・デワンタリ・ドゥイアント (Raphaella Dewantari Dwianto)
{{img no_photo.gif,"align='right' border='1px'"}}1966年、ジャカルタ生まれ。専門は、地域社会学。2001年3月、博士後期課程修了。博士。フランス社会科学高等研究院研究員等を歴任。現在、アトマ・ジャヤ・カトリック大学専任講師。
{{img no_photo.gif,"align='right' border='1px'"}}1966年、ジャカルタ生まれ。専門は、地域社会学。1991年インドネシア大学文学部卒。2001年3月、博士後期課程修了。博士(文学)。フランス社会科学高等研究院研究員、アトマジャヤ・カトリック大学経営学部専任講師を歴任、2008年よりインドネシア大学社会政治学部社会学科専任講師。

アジアの都市コミュニティの比較社会学的調査や東アジアを対象としたカルチュラル・スタディーズに取り組んでいる。 

!!主要業績
!論文
*2006,「アジア社会の都市グラスルーツ」新津晃一・吉原直樹編『グローバル化とアジア社会』東信堂, pp.263-296.
*2005,「RT/RWの地域的布置構成―メンテンアタスの事例」吉原直樹編『アジア・メガシティと地域コミュニティの動態』御茶の水書房.
*2005,「RT/RWと日常活動の一齣―アリサンをめぐって」吉原直樹編『アジア・メガシティと地域コミュニティの動態』御茶の水書房.
*2005,「カンポンとプダガン・クリリン」吉原直樹編『アジア・メガシティと地域コミュニティの動態』御茶の水書房.
*2003, 'An Existing Form of Urban Locality Groups in Jakarta: Reexamining RT/RW for the post-New Order Era,' in ''Representing Local Places and Raising Voices from Below - Japanese Contributions to the History of Geographical Thought'', 8(4): 41-60.
*2001, 'Governance in the Post Kampung Improvement Program,' in ''Masyarakat Jurnal Sosiologi'', 9: 15-25.
*1999, 'Patron-Client Relation Reconsidered: Comparing Civil Defence Group in Kanto Earthquake and Jakarta Riots of May 1998,' ''International Journal of Japanese Sociology'', 8: 161-81.
*1999,「都市暴動と自警団―1998年5月ジャカルタ暴動をめぐって」『東北都市学会研究年報』1: 34-51.
!共編著
*2003, ''Grass roots and the Neighborhood Associations – on Japan’s Chonaikai and Indonesia’s RT/RW'', Jakarta: Grasindo. (co-edited with YOSHIHARA Naoki)
*2003, ''Grass roots and the Neighborhood Associations - on Japan’s Chonaikai and Indonesia’s RT/RW'', Jakarta: Grasindo. (co-edited with YOSHIHARA Naoki)

!!リンク
*[Atma Jaya Catholic University|http://www.atmajaya.ac.id/eng/]
*[Indonesia University|http://www.ui.ac.id/]


!!研究カテゴリ
{{category 地域社会学,インドネシア研究,}}