トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS10 RSS20 ATOM ログイン

社会学調査実習の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!社会学調査実習
東北大学文学部社会学研究室では、学部3年次に「社会学実習」(通年、必修)が大学院の「社会調査実習」と並行開講されています。社会学研究室の教員が毎年交替しながら担当しています。

社会学実習では、
++実際にフィールドワークを行う準備を整え、
++フィールドを設定し、
++インタビューや参与観察を展開し、
++報告書としてまとめます。


!!!社会学調査実習報告書

このページでは、各年次の調査報告書を公開しています。なお、各年度の冊子体はすべて研究室で保管されています。

※報告書の著作権は各執筆者が保持しています。公表又は改変する行為は、法律で許される範囲を除き、これを禁じます。
!!2020年代
 
*2021年度 [[『2021年度社会学実習調査研究報告書』]] (三分冊、担当、小松丈晃)
*2020年度 [[『2020年度社会学実習調査研究報告書』]] (三分冊、担当、田代志門) 
!!2010年代
*2019年度 [[『東松島市あおい地区における「復興まちづくり」の成果と課題』]] (担当、永井彰) 
*2018年度 [[『2018年度社会学調査実習報告書』]] (三分冊、担当、小松丈晃) 
*2017年度 [[『地域防災活動への女性の参画の実践』]] (担当、下夷美幸)
*2016年度 [[『東松島市あおい地区における「復興まちづくり」の現状と課題』]] (担当、永井彰)
*2015年度 [[『2015年度社会学実習調査研究報告書』]] (担当、長谷川公一)
*2014年度 [[『2014年度社会学実習調査研究報告書』]] (担当、下夷美幸)
*2013年度 [[『2013年度社会学実習調査研究報告書』]] (担当、永井彰)
*2012年度 [[『平成24年度社会学実習調査研究報告書』]] (担当、下夷美幸)
*2011年度 [[『社会問題の社会学』]] (担当、正村俊之)
!!2000年代
*2009年度 [[『生活実態調査からみる蔵王町の現状と課題』]] (担当、永井彰)
*2008年度 [[『2008年度社会学調査実習』]] (担当、下夷美幸)
*2007年度 [[『2007年度社会学調査実習報告書』]](担当、正村俊之)
*2006年度 [[『2006年度社会学調査実習報告書』]] (三分冊、担当、吉原直樹) 
*2005年度 [[『ライフヒストリーと地域社会』]] (担当、長谷川公一)
*2004年度 [[『鶯沢町における生活実態調査報告書』]] (担当、永井彰)
*2003年度 [[『2003年度 社会学実習 調査報告書』]] (担当、正村俊之)
*2002年度 [[『「生きられる空間」と場所の物語』]] (担当、吉原直樹)
*2001年度 [[『ライフヒストリー調査』]] (担当、高城和義)
*2000年度 [[『仙台市におけるNPO活動のケーススタディ』]] (担当、長谷川公一)