トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS10 RSS20 ATOM ログイン

Frontpageの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!社会学研究室にようこそ

{{img seminar.jpg,"alt='社会学研究室の一齣' width='' height=150}}東北大学大学院文学研究科/文学部社会学研究室は、大正14年7月に社会学講座として開設され、以後、故新明正道教授の学問体系(総合社会学)と人格とに支えられ発展し、わが国有数の社会学研究、教育拠点として、その地位を築き上げてきました。

!!研究室関連のお知らせ
!!2022年
*'''2022年度・社会学研究室講義概要'''は[こちら|https://www.sal.tohoku.ac.jp/media/files/M25j.pdf]をご覧下さい。




*'''新明正道記念基金・国際交流奨励賞'''
//**2016年度は2名が、以下の大学に留学することになりました。
//***田中愛也さん<3年生>(フィンランド・トゥルク大)
//***畑晴季さん<3年生>(オーストリア・ウィーン大学)
{{div_begin align="right"}}
→[[過去のお知らせはこちらから|研究室関連イベント]]
{{div_end}}
!!最近の受賞
*安達智史 '''第20回日本社会学会奨励賞(著書の部,2021年)'''
**受賞著書: 『再帰的近代のアイデンティティ論ーポスト9・11時代におけるイギリスの移民第二世代ムスリム』晃洋書房、2020年. 


*大井慈郎 '''第3回東北社会学会研究奨励賞'''
**受賞論文:「郊外工場労働者の向都市移動と就業形態―インドネシア首都郊外工業団地周辺集落部アパート群調査より」『社会学年報』48:163-174.

{{div_begin align="right"}}
→[[過去の受賞はこちらから|過去の受賞]]
{{div_end}}
!!社会学新刊書報告
*2022年8月 浮ケ谷幸代・田代志門:山田慎也編[『現代日本の「看取り文化」を構想する』|http://www.utp.or.jp/book/b606380.html](東京大学出版会)刊行{{font color=red, NEW}}
*2022年6月 小松田儀貞[『社会化するアート/アート化する社会―社会と文化芸術の共進化』|http://suiyosha.hondana.jp/book/b605514.html](水曜社)刊行{{font color=red, NEW}}
*2022年6月 永井彰・日暮雅夫・舟場保之編[『批判的社会理論の今日的可能性』|http://www.koyoshobo.co.jp/book/b607549.html](晃洋書房)刊行{{font color=red, NEW}}
*2022年6月 栗原亘編/伊藤嘉高ほか著[『アクターネットワーク理論入門―「モノ」であふれる世界の記述法』|http://www.nakanishiya.co.jp/book/b607018.html](ナカニシヤ書店)刊行{{font color=red, NEW}}
*2022年6月 デヴィッド・ハーヴェイ著/吉原直樹監訳/和泉浩・大塚彩美訳[『ポストモダニティの条件』|https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480098948/](筑摩書房)刊行{{font color=red, NEW}}
*2022年4月 細谷昴[『東アジアの農村―農村社会学に見る東北と東南』|https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480017451/](筑摩書房)刊行{{font color=red, NEW}}
*2022年2月 清水哲郎・会田薫子・田代志門編[『臨床倫理の考え方と実践―医療・ケアチームのための事例検討法』|http://www.utp.or.jp/book/b593476.html](東京大学出版会)刊行
*2022年1月 吉原直樹『モビリティーズ・スタディーズー体系的理解のために』(ミネルヴァ書房)刊行
*2022年1月 片瀬一男・神林博史・坪谷透編著『健康格差の社会学―社会的決定因と帰結』(ミネルヴァ書房)刊行
*2022年8月 浮ケ谷幸代・田代志門・山田慎也編[『現代日本の「看取り文化」を構想する』|http://www.utp.or.jp/book/b606380.html](東京大学出版会)刊行{{font color=red, NEW}}
*2022年6月 小松田儀貞[『社会化するアート/アート化する社会―社会と文化芸術の共進化』|http://suiyosha.hondana.jp/book/b605514.html](水曜社)刊行
*2022年6月 永井彰・日暮雅夫・舟場保之編[『批判的社会理論の今日的可能性』|http://www.koyoshobo.co.jp/book/b607549.html](晃洋書房)刊行
*2022年6月 栗原亘編/伊藤嘉高ほか著[『アクターネットワーク理論入門―「モノ」であふれる世界の記述法』|http://www.nakanishiya.co.jp/book/b607018.html](ナカニシヤ書店)刊行
*2022年6月 デヴィッド・ハーヴェイ著/吉原直樹監訳/和泉浩・大塚彩美訳[『ポストモダニティの条件』|https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480098948/](筑摩書房)刊行