トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

『社会学研究』第79号

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

『社会学研究』 第79号(2006年6月22日刊)

特集 「パーソンズの知的遺産」

  • 社会学研究79号「巻頭言 パーソンズ研究の現在」 (高城和義
  • 「パーソンズ・ベイトソン・再魔術化―脱パラドクス化と身体」 (油井清光)
  • 「ドイツ社会学におけるタルコット・パーソンズの受容過程の分析─『ケルン社会学・社会心理学雑誌』における引用動向を中心に」 (徳安彰)
  • 「パーソンズの社会成層論―平等・不平等にかんする若干の考察」 (高城和義
  • 「専門職と「開かれた自律」―後期パーソンズ医療社会学の射程」 (田代志門
  • 「ロバート・ベラーのパーソンズ論―パーソンズ理論の受容と革新」 (山本智宏)
  • 「パーソンズのデュルケム論―普遍主義的紐帯の可能性」 (西山宝恵

論説

  • 「後発産業社会における社会移動の趨勢とパターン―日本と韓国の社会移動にみられる相違と類似」 (三輪哲)
  • 「信頼論の再構築―信頼の一般的定義とその諸基礎の区別に基づいて」 (安達智史
  • 「ノーマン・K・デンジンにおける「文化批判」の問題構制―『シンボリック相互行為論とカルチュラル・スタディーズ』を中心に」 (新田貴之) 
  • 「コミュニケーション的社会編成の論理における感情の位置―アダム・スミスの道徳理論における「感謝」と「憤慨」をめぐって」 (牧野友紀)

書評

  • ジョン・アーリ著(吉原直樹・大沢善信監訳)『場所を消費する』 (評者 毛利嘉孝)
  • 伊藤守・渡辺登・松井克浩・杉原名穂子著『デモクラシー・リフレクション―巻町住民投票の社会学』 (評者 帯谷博明

最終更新時間:2007年05月21日 17時04分05秒

3188 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて