トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

『社会学研究』第83号

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

『社会学研究』83号(2007年3月31日刊)

特集「ルーマン理論の到達点」

  • 巻頭言「現代社会論としての機能分化論」 (正村俊之
  • 「ルーマンの社会の理論―全体像と現代的意義」 (長岡克行)
  • 「ルーマンの経済システム論─現代市場経済の観察」(春日淳一)
  • 「後期ルーマンの政治システム理論―リスク社会のなかの政治と「否定による自律」」 (小松丈晃
  • 「機能システムのインターフェース、あるいは自律する周辺 ―ルーマン、ヴィルケ、フッターにおける機能システムの《間》の問題―」(高橋 徹)

論説

  • 「〈日系‐アメリカ人〉というアイデンティティ形成―ある日系三世運動家のライフストーリーから」 (土田久美子
  • 「「共生の作法」の経験的研究を目指して―「パラムせんだい」という社会的世界における「対話」理念検討」 (山口健一)

書評

  • 本郷正武著『HIV/AIDSをめぐる集合行為の社会学』(評者 大畑裕嗣)
  • アルフレッド・シュッツ著(佐藤嘉一訳)『社会的世界の意味構成(新訳版)―理解社会学入門』(評者  森 元孝)

最終更新時間:2008年04月11日 21時06分55秒

3155 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて