トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

笹島秀晃

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

笹島 秀晃 (SASAJIMA Hideaki)

English

1981年生まれ。都市社会学、芸術社会学。2011年3月東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了。大阪市立大学大学院文学研究科専任講師。

研究テーマ

  1. H・ルフェーヴル,M・カステル,D・ハーヴェイを中心とする,1970年代前後の欧米主要都市の政治経済的・空間的構造転換をめぐる学説研究。
  2. 1960年代以降の都市の芸術生産空間(Loft)をめぐる諸権力作用(ジェントリフィケーション)に関する歴史比較研究。研究対象は,Lower Manhattan (Greenwich Village, SoHo, East Village),Brooklyn (Williamsburg, Bushwick),横浜市初音町・黄金町・日ノ出町。

主要業績

論文

  • 笹島秀晃,2014,「SoHoにおける芸術家街の形成とジェントリフィケーション」『日本都市社会学会年報』,32:65-80.
  • Hideaki Sasajima ,2013, "From Red Light District to Art District: Creative City Projects in Yokohama's Kogane-cho Neighborhood," Cities, 33: 77-85.
  • 笹島秀晃,2013,「都市における秩序と多様性:ジェーン・ジェイコブスと割れ窓理論」吉原直樹編著『安全・安心コミュニティの存立基盤』御茶の水書房, 329-56.
  • 笹島秀晃, 2012, 「創造都市と新自由主義:デヴィッド・ハーヴェイの企業家主義的都市論からの批判的視座」『社会学年報』, 41: 79-89.
  • 長尾謙吉・笹島秀晃, 2012, 「創造都市をめぐる省察」『日本都市学会年報』, 45.
  • 笹島秀晃, 2011, 「アートによる地域再生の今日的様相:横浜市初黄・日ノ出町における安全・安心まちづくりと芸術不動産事業に着目して」『ヘスティアとクリオ』 10: 67-84.
  • 笹島秀晃, 2009, 「M・カステル『都市の意味』再考:都市論における『空間』と『文化』」『東北都市社会学研究年報』 9: 37-50.

小論・書評

  • 笹島秀晃,2013,「創造都市の中のエスニシティの風景」吉原和男編集代表『人の移動辞典:日本からアジアへ・アジアから日本へ』丸善出版, 344-5.
  • 笹島秀晃,2012,「災害と文化芸術」吉原直樹編著『防災の社会学:防災コミュニティの社会設計に向けて[第2版]』東信堂, 303-11.
  • 笹島秀晃,2010,「デヴィッド・ハーヴェイ『ポストモダニティの条件』」五十嵐太郎編『建築・都市ガイドブック21世紀』彰国社,240-243.

学位論文

  • 笹島秀晃, 2010, 『「都市の美学」の条件:1970年代以降の都市をめぐる「生産」・「経験」・「権力」についての都市社会学的考察』(東北大学大学院文学研究科提出).

調査報告書

  • 松本文子・小泉元宏・笹島秀晃, 2011, 『アートプロジェクトによる地域振興をめぐる客観的評価に関する研究-瀬戸内国際芸術祭2010を事例として-』(A4-54頁)(平成22年度財団法人文化・芸術による福武地域振興財団助成)

その他

  • 五十嵐太郎・阿部篤・井上湖奈美・岡村和明・笹島秀晃・吉川彰布・脇坂圭一,2009,「ROUND READING No.6 [都市は〈デタラメ〉か?]」『建築ノート』7: 113-7.
  • 笹島秀晃,2009,「影のつがい」『仙台市市民文化事業団情報誌 ARSEN』 vol. 71: 11.
  • 笹島秀晃,2009,「ブリコラージュの時間ー高嶺格展の舞台裏ー」『ミルフイユ』1: 20-27. 
  • 笹島秀晃,2009,「他への配慮」『建築ノート』6: 64-7.
  • 笹島秀晃,2008,「『空/間からはじまる現代社会へのまなざし」『Impaction』164: 170-171.
  • 五十嵐太郎・安達智史・上松久達・小野浩幸・川上赳・笹島秀晃・鈴木優香理,2008,「ROUND READING No.3 [建築×人文×未来]」『建築ノート』4: 113-7.

国際学会報告

  • Sasajima, Hideaki, 2012b, "Artist movements to legalize loft living in SoHo in the 1960s and 1970s," ISA Forum of Sociology (RC47-RC21 Session: Urban movements in the new metropolitan context), Buenos Aires.
  • Matsumoto, Ayako, Hideaki Sasajima and Motohiro Koizumi, 2012a, "How Can and Should We Evaluate Art Projects?: Case Study on Setouchi International Art Festival 2010," 17th International Conference of Association for Cultural Economics International, Kyoto, Japan.
  • Sasajima, Hideaki, 2010, "Changing Relationship between the Local Authority and Nonprofit Art Organizations in Creative City Yokohama after the Crisis", XVII ISA World Congress of Sociology ( RC21.02 “Creative Cities” after the Fall of Finance"), Gothenburg, Sweden.
  • Sasajima, Hideaki, 2009,  ”The Nonprofit Art Organization Roles in Urban Cultural Policies: the Case Study of the Creative City Yokohama”, the 104th Annual Meeting of American Sociological Association (Round Table Session), Hilton San Francisco.

外部資金

  • 平成24年度科学研究費補助金(研究活動スタート支援)「1970年代ニューヨークにおける都市再編の思想史的研究:都市の「美学」に着目して」(代表:笹島秀晃)(2012年4月〜2013年3月)
  • 平成22年度財団法人文化・芸術による福武地域振興財団助成「アートプロジェクトによる地域振興をめぐる客観的評価手法の構築:瀬戸内国際芸術祭2010を事例として」(代表:松本文子、小泉元宏・笹島秀晃)(2010年4月〜2011年3月)

職歴

  • 2013.4~現在 大阪市立大学大学院文学研究科 社会学研究室 専任講師
  • 2012.4~2013.3 Visiting Scholar, Department of Sociology, Columbia University in the City of New York.
  • 2011.4~2013.3 大阪市立大学都市研究プラザ・博士研究員
  • 2010.1~2010.3 日本学術振興会第2回優秀若手研究者海外派遣事業研究員(派遣先:Graduate Center, City University of New York)
  • 2007.4~2010.3 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2006.4~2007.3 東北大学大学院文学研究科TA(国際交流室)

リンク

研究カテゴリ

[都市社会学,地域社会学,文化社会学,音楽社会学,理論社会学,創造都市論]


最終更新時間:2017年07月09日 22時34分24秒

12433 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて