トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

田代志門

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

田代 志門 (TASHIRO Shimon)

1976年9月生まれ。2000年3月、東北大学文学部卒。2007年3月、東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院医学系研究科特任助教、昭和大学研究推進室講師、国立がん研究センター生命倫理部長を経て現在、東北大学大学院文学研究科准教授。専門は、医療社会学、生命倫理学。

主要業績

著書[単著]

著書[分担執筆]

論文

解説・総説

  • 2019,「臨床倫理とは誰にとっての問題か?―対話の技法としてのジレンマ・メソッド」『Cancer Board Square』5(3):98-101.(編集版の再録)
  • 2019,「構造化された倫理カンファレンスを目指して―ジレンマ・メソッドに学ぶ」『Cancer Board Square』5(3):106-120.(再録)
  • 2019,「臨床倫理サポートの新しい流れ―委員会からチームへ、そして対話の文化へ」『看護管理』29(8):702-708.
  • 2019,「構造化された倫理カンファレンスを目指して―ジレンマ・メソッドに学ぶ」『看護管理』29(8):710-725.
  • 2019,「利用目的から考える個人情報保護―医療・医学研究から商業利用まで」『Neurological Surgery 』47(2):241-248.
  • 2018,「倫理コンサルテーションチーム(コンサルタントとしての診療科横断チーム)」『治療』101(1):72-75.
  • 2018,「臨床研究法は臨床研究をどう変えるか―「臨床研究実施基準」とは」『癌と化学療法』45(7):1011‐1016.
  • 2018,「個人情報保護法改正と研究倫理指針―「学術研究の用に供する」とは」『日本小児血液・がん学会学会誌』54(5):279-286(藤原康弘との共著).
  • 2017,「個人情報保護法改正と臨床研究―同意手続きが「困難な場合」とは」『薬理と治療』45(suppl.2):s106-108.
  • 2017,「改正個人情報保護法と医学研究―「新しい」個人情報の定義とは」『精神科治療学』32(11):1529-33.
  • 2016,「新しい倫理指針は精神看護研究に何を求めているのか―精神障害者の「ヴァルネラビリティ」を考える」『日本精神保健看護学会誌』25(2): 70-77.
  • 2016,「なぜ臨床試験に患者参画が必要なのか」『血液内科』73(1):128-32.
  • 2016,「研究者の新たな倫理的責務としての「研究結果の返却」」『血液内科』72(1):150-4.
  • 2015,「ゲノム研究からみた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の意義―「包括同意」の許容条件をめぐって」『臨床病理レビュー』154:65-72.
  • 2015,「研究倫理指針はどう変わったか―基本概念から理解する「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」」『産業医学ジャーナル』38(6):4-8.
  • 2015,「研究倫理指針はどう変わったか―基本原則から理解する「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」」『クリニカルリサーチ・プロフェッショナルズ』50:28-34.
  • 2015,「質の高い倫理審査とは何か―倫理審査委員会の認定制度に向けて」『薬理と治療』43(6):767-70.
  • 2015, 「「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の要点」『CANCER BOARD of the BREAST』1(2): 55-8.(山本精一郎との共著)
  • 2014,「医薬品の臨床試験と倫理―ランダム化とプラセボの許容条件」『医薬ジャーナル』50(8):75-8.
  • 2014,「再生医療の臨床研究と倫理―「医療革新」は研究か診療か」『医薬ジャーナル』50(8):87-90(山本圭一郎との共著).
  • 2013,「「死にゆく人々とのコミュニケーション」を支えるもの」『緩和ケア』23(6):438-41.
  • 2013,「臨床研究におけるリスク・ベネフィット評価」『医学のあゆみ』246(8):539-44.
  • 2013,「日本の臨床研究ガバナンス―その歴史と特徴を探る」『臨床薬理』44(2):131-5.
  • 2010,「研究倫理のフロンティア―ヘルシンキ宣言の歴史と現在」『循環制御』31(3):177-81.
  • 2010,「臨床研究における利益相反―国内外の研究倫理ガイドラインの動向」『精神神経学雑誌』112(11):1130-5.
  • 2010,「研究倫理ガイドラインの近年の動向―「臨床研究に関する倫理指針」の改正を中心に」『内分泌・糖尿病・代謝内科』31(1):81-9.
  • 2010,「研究倫理はなぜ必要か―臨床研究の歴史に学ぶ」『ビオフィリア』23:71-74.
  • 2009,「コミュニティを基盤とするスピリチュアルケア―緩和ケアへの公衆衛生的アプローチ」『緩和ケア』19(1):39-42.

書評・事典項目等

翻訳

  • 2007, 生命倫理百科事典翻訳刊行委員会編・日本生命倫理学会編集協力『生命倫理百科事典』丸善.(「医療倫理(ヨーロッパの歴史:現代)」の「イギリス」「アイルランド共和国」「ロシア」を担当)

リンク

研究カテゴリ

[医療社会学,生命倫理学,宗教社会学,科学技術社会論,理論社会学,アメリカ社会論,死生学,質的研究法]


最終更新時間:2019年11月05日 15時21分21秒

28880 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて