トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

和泉浩

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

和泉 浩 (IZUMI Hiroshi)

1972年生まれ。専門は、理論社会学、音楽社会学、地域社会学、都市空間論。2001年、博士後期課程修了。博士(文学)。現在、秋田大学教育文化学部准教授。

現在の研究関心

  1. 地域の歴史、景観、環境、シンボルなどと地域のアイデンティティ(地域らしさ)の形成についての研究
  2. 「近代」の諸問題と芸術、とくに音楽(いわゆるクラシック音楽)についての研究

主要業績

論文

  • 2006,「デヴィッド・ハーヴェイ―社会-空間のメタ理論」 加藤政洋・大城直樹編 『都市空間の地理学』ミネルヴァ書房.
  • 2003,「仙台における都市の呼称と都市アイデンティティ」『日本都市学会年報』36: 99-106.
  • 2003,「仙台の歴史的環境としての「杜の都」」『仙台都市研究』2: 35-47.
  • 2002,「「杜の都」としての仙台の歴史形成」『東北都市学会研究年報』4: 56-69.
  • 2002,「仙台市と「杜の都」の呼称―仙台市のまちづくりの理念としての「杜の都」」『仙台都市研究』1:34-43.
  • 2002,「音楽の合理化―マックス・ウェーバーの『音楽社会学』における近代音楽の二重の合理化について」『社会学評論』51: 54-69.
  • 2002,「西洋近代音楽における「合理化」と身体」『ソシオロジ』 144: 3-18.
  • 2001,「ウェーバーとニーチェの音楽論」『社会学年報』 30: 81-98.
  • 2000,「砂漠・都市・芸術」『社会学年報』 29: 93-110.
  • 2000,「「空間」と「持続」―アンリ・ベルクソンにおける空間と主体について」『空間・社会・地理思想』5: 2-9.

単著

  • 2003,『近代音楽のパラドクス−マックス・ウェーバー「音楽社会学」と音楽の合理化』 ハーベスト社.

翻訳

リンク

研究カテゴリ

[理論社会学,音楽社会学,地域社会学]


最終更新時間:2007年05月25日 18時14分03秒

7595 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて