Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

文化科学 日本文化学 日本思想史

佐藤 弘夫
教授佐藤 弘夫
さとう ひろお

1953年、宮城県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。 盛岡大学助教授などを経て現職。
神仏習合、鎌倉仏教、国家と宗教、死生観などをキーワードに日本の思想を研究。 実証研究をベースにしながら、想像力を駆使して大きな精神史のストーリーを組み立てることを目指す。
著書に『アマテラスの変貌』『偽書の精神史』など。
[主要担当科目]日本思想史特論I、日本思想史研究演習T、日本思想史特論U、日本思想史研究演習U

研究者データベース

石塔に思想を読む

石塔

 今世紀に入ってから、調査のためによく外を出歩くようになりました。 はじめは霊場めぐりでした。近年は各地の古いお墓を尋ねています。 友人や家族と旅行に出かけても、お墓ばかり見に行きたがるので嫌がられています。

 それにしても、この列島にはなんとたくさんの墓石があることでしょうか。 五輪塔などを加えた石塔という範疇で考えたら、その数は驚くべき数字になります。 それぞれの石塔には、それを作った人々の心が込められています。 しかし、石塔はこれまでもっぱら歴史考古学の研究対象であり、そこに思想を読み取ろうとする試みは皆無でした。

 石塔をはじめ、仏像や古文書など、従来の思想史研究で用いられなかった資料に、 それを制作した人々の思想と精神を探り出そうというのが、いまの私の最大の関心事です。 そこに垣間見える庶民大衆の精神世界を背景として、親鸞や日蓮などのエリートの思想を読み直したとき、 きっと新しいなにかがみえてくるに違いありません。