Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

文化科学 西洋文化学 英語学

教授金子 義明
かねこ よしあき

博士(文学)。
東北大学大学院文学研究科出身で、弘前大学人文学部助教授、 茨城大学人文学部助教授、東北大学文学部助教授を経て現職。
専攻は英語統語論および意味論、生成文法理論。著書に『英語助動詞システムの諸相』、 『機能範疇』(共著)、『生成文法の新展開』(共著)など。
[主要担当科目]英語学概論、英語学各論、英語学研究演習、英語解析学特論

研究者データベース

コーヒー豆のある研究室

 研究室の流しの脇に小型の食器戸棚があって、その上にコーヒーメーカー、コーヒー豆挽き、 そしてコーヒー豆を入れた缶がおいてあります。豆はコロンビアが定番で、 深煎りや炭焼きよりは中程度の煎りのものを購入しています。 いつでもうまいと思って飲んでいるかというとそうでもありません。 しかし研究室に日本茶は置いてないし、紅茶はあってもほとんど飲みません。 とするとコーヒー好きということになるのでしょう。
 仕事を始めるきっかけや一息入れるのに飲むことが多いのですが、 最近、ふと気づくと全く飲んでいない日があります。 様々なことに追われて飲む機会を逸するわけですが、 こんな時は仕事がはかどっているかというと、そうでもありません。 自分がやっていることを立ち止まって眺めてみることができない時はあまりよい結果は得られないようです。
 自家焙煎の店で初めて自分で豆を購入したのは高校生の時ですが、 本格的につきあい始めたのは英語学の研究者を志した頃だったと思います。 研究が深まっていくにつれてコーヒーも本当に味わえるようになるのが今後の理想です。