Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

文化科学 西洋文化学 フランス語学フランス文学

阿部 宏
教授阿部 宏
あべ ひろし

博士(情報科学)。
早稲田大学文学研究科フランス文学専攻修士課程修了、 学習院大学人文科学研究科フランス文学専攻博士課程退学、 東北大学情報科学研究科で博士学位取得。東北大学教養部専任講師、言語文化部助教授などを経て現職。
専攻は、フランス語学、日仏対照言語学、ソシュール文献学 言語学史 など。
[主要担当科目]フランス語学演習、フランス語学概論、専門フランス語

研究者データベース

フランス語学とミクロとマクロと

 大学の合格発表の掲示板に自分の番号を発見した時は、本当に嬉しかったのですが、 わずか数日後の入学手続きの際に、英語に加えてもう一つの履修外国語を決めなければなりませんでした。 ほとんど何も考えずにフランス語にマークをつけ、その後もあまりまじめな学生ではありませんでしたが、 そのフランス語が自分の一生のテーマになってしまいました。<

 創作とは別に、文学を研究するとは何をすることなのか? これが学部時代は全く理解できずに、潔癖さに由来する消去法で言語研究の方を卒業論文のテーマに選び、 敗北感とともに大学院に進学しました。 しかし研究も言語学も結局は潜在的な資質に合っていたのかもしれません。

 言語の研究は、伝統文法や学校文法の記述をいったん保留にして、 具体的データの検討を通じて、まだ未解明の規則を発見していくところにありますが、 それはミクロがマクロに繋がり、同時に固定観念が崩壊していく瞬間でもあります。

 もう30年近くもこのようなことをやってきたので、 日常生活のすべてにこのスタンスで関わるようなクセがついてしまいました。 先入観を排して眺めるミクロの世界は、学生との関わりであれ、職場の雑務であれ、 学外の人とのつきあいであれ、退屈とは無縁の、謎と驚きと発見に満ちた冒険の森のように日々思われます。

阿部 宏