Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

文化科学 哲学 倫理学

教授戸島 貴代志
としま きよし

文学博士。
京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、 福井工業高等専門学校助教授を経て現職。
専攻は独仏の現代哲学、生の哲学、実存思想。 著書に『創造と想起』、『技術倫理入門』など。
[主要担当科目] ベルクソンの哲学、ハイデガーの哲学、現象学・倫理学通論など

研究者データベース

全長35メートル、体重200トン

シロナガス・クジラは現在地球に生息する最大の動物で、 大きいものになるとこれくらいのサイズだそうです。 昔、こいつの「心臓は小型トラック1台分ほどで、 血管の中を人が泳いで通れる」と教えてくれたひとがいました。 「生きる」とか「存在する」とかいうことの本当のサイズを、いまなんとか言葉にしたくて格闘しています。

5月から12月まで私は海で泳ぎます。200メートルほどの沖合を、 1時間か2時間くらいかけてゆっくりと泳ぎます。 小魚の大群やイカの群れに入ったり、ときにはカモメがついてきたりします。 波には逆らわず、漁師と釣り人の邪魔をせず、船には気をつけて、 陸地の見えないところでは孤独と恐怖との闘いです。 「生きる」とか「存在する」ということの本当のサイズは、いまだに私には、彼方の、そのまた彼方です。

写真