Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

言語科学 言語学 言語学

教授後藤 斉
ごとう ひとし

東北大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科博士課程退学。 山形県立米沢女子短期大学講師、東北大学文学部助教授を経て現職。
専門は言語学、言語情報学、コーパス言語学。
[主要担当科目]音声学、言語解析学研究演習

研究者データベース

言語の不思議を探りたい

普段の生活では、言語は空気のような当たり前の存在です。 しかし、あらためてその性質を考えると不思議なことが多々あって、 とてもあらゆる疑問に答えられるわけではありません。 私なりにいくつかの疑問に答えようと、現在は主にコンピュータによる音声やテキストの分析を試みています。 ただ、コンピュータによる分析を解釈するのはあくまで人間の役目です。 辞書編集や言語教育への応用がまずは念頭にあります。
言語が社会においてどのような機能を果たしている(果たしてきた)かは非常に大きなテーマで、 言語学だけで答えられる問題ではありません。文学、歴史、社会、思想、政治などとの関係を踏まえつつ、 あまり大風呂敷を広げないですむ範囲で、調べ、考えています。

コンピュータによる分析