Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

言語科学 言語学 言語学

准教授小泉 政利
こいずみ まさとし

Ph.D
国際基督教大学教養学部卒業、米国 オハイオ州立大学東亜言語文学科大学院修士課程修了、 米国 マサチューセッツ工科大学言語哲学科大学院博士課程修了。
東北学院大学講師、助教授を経て現職。
専攻は理論言語学と言語認知脳科学。
著書・論文に Phrase Structure in Minimalist Syntax、“Psycholinguistic evidence for the VP-internal subject position in Japanese” など。
[主要担当科目]言語解析学研究演習、言語交流学演習

研究者データベース

赤ちゃんにもコーヒーを飲ませるマヤ民族!?

 最近、マヤ民族の子孫の言葉を調査・研究するために、年に数回グアテマラに通っています。 グアテマラと言えばコーヒーが有名です。 缶コーヒーでレインボーマウンテンというのをご存じの方もいらっしゃると思いますが、 あれはグアテマラの7つの地域で栽培されたコーヒー豆のブレンドを使っているそうです。

 私はコーヒーが大好きなので、先日グアテマラの知人にそのことを話したら、 グアテマラでは赤ちゃんをコーヒーで育てるんだよ、と教えてくれました。 赤ちゃんにカフェインを飲ませて大丈夫なのでしょうか?心配になってたずねたところ、 マヤ民族の子孫の人たちは米やトウモロコシなどの穀物類を炒ったものを「コーヒー」と呼び、 本物のコーヒー豆のコーヒーと同じように淹れて飲むんだそうです。穀物が原料なので栄養価に富むため、 母乳が十分に出ないお母さんの赤ちゃんに、この「コーヒー」を代わりに飲ませる、ということでした。 さしずめ、マヤ民族の粉ミルク、といったところでしょうか。ちなみに、この穀物コーヒー、大人達も日常的に愛飲しているそうです。

マヤ民族と