Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

言語科学 日本語学 国語学

小林 隆
教授小林 隆
こばやし たかし

博士(文学)。
新潟県生まれ。東北大学で国語学を学び、同大学院の博士課程に進む。
国立国語研究所言語変化研究部第1研究室研究員。同主任研究官を経て現職。
専門は方言学。著書に、『方言が明かす日本語の歴史』(岩波書店)、 『シリーズ方言学1〜4』(岩波書店)、『ガイドブック方言研究』(ひつじ書房)など。
[主要担当科目]日本語構造論研究演習I、日本語変異論特論U

研究者データベース

方言の記録に、一緒に取り組みませんか!

私の研究対象である方言は文化遺産のひとつであることは明らかなのですが、 あまりにも身近な存在であるために、多くの人たちがその大切さに気づいていません。 しかし、日本の伝統的な方言は今や共通語化の影響で消滅寸前の状況に追い詰められています。 方言を記録し、後世に伝えるために残された時間は、もうそう長くはないのです。 危機感をもつ研究者たちは、各地で記録作業に乗り出しています。 私も、全国1000地点調査を行うほか、 学生たちと一緒に、毎年、東北地方の方言調査に出かけています (東北大学方言研究センターホームページhttp://www.sal.tohoku.ac.jp/hougen/)。 願わくは、多くのみなさんに地域の言葉に関心をもってもらい、 方言の記録に参加していただきたいと思います。 どんなに小さな取り組みであっても、貴重な記録となることはまちがいありませんし、 そこからさまざまな発見が生まれてくるはずです。 例えば、猫の呼び声、ご覧の絵葉書は全国調査の結果をもとに作成したものですが、こんな言葉にも地域差は見られるのです。

猫の呼び声