Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

言語科学 日本語教育学 日本語教育学

[協力教員]教授
(グローバルラーニングセンター)
助川 泰彦
すけがわ やすひこ
助川 泰彦

博士(学術)。
上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。上智大学大学院外国語学研究科、文学修士。東北大学大学院情報科学研究科、博士(学術)。
上智大学大学院在学中に4年間インドネシア国立マナド大学で日本教育に従事。1992年より東北大学教員。
著書(共著)に『言語学と日本語教育』『日本のインドネシア人社会』など。

[主要担当科目]日本語教育学、音声学。

研究者データベース

ことばの研究は楽しく面白い!

 研究テーマのひとつは外国人日本語学習者の音声の研究です。近年で特に興味深かったことは、フィンランド語には日本語と同じような長母音と短母音の区別があり、 聴覚実験の結果からフィンランド人日本語学習者には日本人と同じように微妙な母音の長短の区別ができることが分かったことです。
 もう一つは多言語社会の研究です。茨城県大洗町で在日インドネシア人就労者・技能実習生の日本語使用、およびその子弟の日本語学習と母語の維持・喪失の問題について調査をしています。また、ブータンの多言語使用の実態と英語イマーション教育についての調査を行っています。