Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

歴史科学 日本史学 日本史

『戦前期日本と東南アジア−資源獲得の視点から−』
教授安達 宏昭
あだち ひろあき

博士(文学)。
立教大学大学院文学研究科史学専攻博士課程修了。 立教中学校教諭、立教池袋中学校・高等学校教諭を経て現職。
専攻は日本近現代史、戦時期政治経済史。 著書に『「大東亜共栄圏」の経済構想―圏内産業と大東亜建設審議会―』、『戦前期日本と東南アジア−資源獲得の視点から−』。
[主要担当科目]日本史各論、日本史演習、日本近世・近代史研究演習

研究者データベース

研究はジクソーパズルの感覚も

研究の楽しみは、たくさんの史料を読んで、これまでの研究では言われていなかった論点を見いだし、 それを論証することにあります。それは、自分の中ではジクソーパズルをつくる感覚に似ています。 史料は、一つのピース(断片)です。それらピースを整合的(客観的)にはめあわせ、 一枚の絵をつくりあげる感覚です。 自分にとって都合のよいピースをはめあわせるだけでは主観的な絵ができてしまいます。 箱に入っているものだけでなく、自分で歩いてピースを探すところもジクソーパズルとの大きな違いでしょう。 より多くの史料を探して、広い視野から様々に検討し、 なるべく客観的に説明できるようにすることが大切です。 自分にとって説明しづらい史料も、歴史像を考えるときに大切なものになることがあります。

また、特に日本近現代史は史料が多くありますが、それだけに使われずにいる史料も多いのです。 それら(ジクソーパズルでいえばピース)を探し出すこと、 見出すこと、そうした史料(ピース)から新しいことを考たりすることも楽しみです。