Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

歴史科学 東洋史学 東洋史

教授川合 安
かわい やすし

博士(文学)。
東北大学文学部東洋史専攻卒業後、東北大学大学院博士後期三年の課程を中退。 弘前大学人文学部助教授、北海道大学大学院文学研究科助教授を経て現職。
専攻は東洋史(中国魏晋南北朝史)。
〔主要担当科目〕東洋史概論、東洋史演習、東洋史各論、東洋史基礎購読

研究者データベース

本に埋もれて暮らす

文学や哲学などでも同じだと思いますが、歴史学の場合も、研究や教育、そして趣味のために、 多くの書物を参照する必要があり、年々、本が増えていきます。 おびただしい数の本が、大学の研究室にも、自宅にも蓄積されます。 中国史の場合、日本語で書かれた本以外にも、大量の中国書があります。 そういうわけで、2011年3月の大震災では、その本が散乱し、書架も大被害を受けました。 そこで、改めて本とのつきあい方を考え直さなければいけないと痛感して、次のような方針をたてました。 第一に、不要な本は処分する、第二に、使用頻度の高低によって、整理しておくということです。 不要な本は、できるだけ廃棄せず、学生に引き取ってもらったり、古書店へもっていったりします。 使用頻度の低い本は、大学と自宅の間に、思い切ってトランクルームを借りて、そこへもっていきます。 目下、このような方針で、本の整理をして暮らしております。