Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

歴史科学 美術史学 美学・西洋美術史

尾崎 彰宏
教授尾崎 彰宏
おざき あきひろ

東北大学大学大学院文学研究科博士課程後期退学後、文学部助手、弘前大学教養部講師、弘前大学人文学部教授を経て現職。
専攻は、美学・西洋美術史。研究領域は、ルネサンス以降の西洋美術史、美術理論。 著訳書に「レンブラントのコレクション」「フェルメール」「ゴッホが挑んだ『魂の描き方』」「カーレル・ファン・マンデル『北方画家列伝』注解」など。
[主要担当科目]美学・西洋美術史研究実習I、美学・西洋美術史特論I、美学・西洋美術史研究演習I

研究者データベース

美との出会い、驚き、それは旅することから

 私が17世紀オランダの画家レンブラントの原作に初めて出会ったのは、1977年春のことでした。 専攻を美術史にしたものの何をやろうか決めかねていた私は、 ヨーロッパへ美術作品行脚の旅に出かけました。 そのとき強烈な印象を受けた画家の一人がレンブラントでした。 しかし、闇が大部分を占めるレンブラントの作品のどこにこれほど自分をとらえてはなさない力があるのか、 この闇はいった何をあらわしているのか? かいもく見当もつきませんでした。

 その謎をとく糸口のようなものが見えてきたのは、 最初にレンブラントの絵に接して10年以上も経ってからでした。 オランダへ留学し、ヴァチカンにあるミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の調査に加わり イタリア中を旅してまわった期間が挟まっていました。忘れもしません。 パリのルーヴル美術館でのことでした。神を自明のこととして前提にできる時代が崩れていくとき、 光ではなく闇によって存在を表現する芸術家があらわれたのではないか (異端の画家カラヴァッジョもその一人です)、「逆説の画家」そんな言葉が脳裏を過ぎりました。 目の前が明るくなった瞬間です。