Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

歴史科学 [協力講座] 比較文化史学

明代三彩俑猪八戒像
明代三彩俑猪八戒像
教授磯部 彰
いそべ あきら

文学博士。
東北大学大学院文学研究科博士後期課程中退。 富山大学人文学部助教授、東北大学東北アジア研究センター教授。
専攻は東アジア文化史・中国文学。著書に、『西遊記形成史の研究』、『清朝宮廷演劇文化の研究』(共著)など。
[主要担当科目]ユーラシア文化史特論V・W、ユーラシア文化史研究演習V・W

研究者データベース

研究領域の拡大は日常生活に繋がる

 中国の歴史に関心を持ち、アジア史の研究を目指した。ところが、歴史史料は主として社会や政治を語るものの、個人や個性については寡黙である場合が多い。
 そのような折、『三国志通俗演義』を読み、歴史人物が個性豊かに描かれていることに心が惹かれた。中国小説ではあるが、下層社会の人々から見た歴史史料に使えないかと想い、中国小説の研究を始めた。
 始めたのは良いが、史料とは縁遠い『西遊記』から研究をスタートしたので、歴史家から遠のいてしまった。ところが、『西遊記』を出版した本屋の研究を通して、出版文化は東アジア社会を根底から変える事象であることがわかった。そこで、研究エリアを中国からベトナム、朝鮮国へと移しつつ、出版や書籍が果たした政治や文化的役割を考えて行く中で、ついには日本の戦国大名伊達家の蔵書に行き着き、身近な研究課題となっている。
 現在から遠いむかし、現在から近々の未来について、自分で考えて発見すること、或いは予測することは、オススメの「逸品」である。

乾隆帝得勝図(東北大学附属図書館蔵)
乾隆帝得勝図(東北大学附属図書館蔵)