Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

人間科学 行動科学 行動科学

佐藤 嘉倫
教授佐藤 嘉倫
さとう よしみち

博士(文学)。
東京大学文学部社会学専修課程卒業後、同大学社会学研究科博士課程単位取得退学。 横浜市立大学商学部助教授、シカゴ大学社会学部・コーネル大学社会学部客員研究員を経て現職。
専攻は社会階層論、合理的選択理論、信頼研究、社会変動論。著書にJapan’s New Inequality、『ゲーム理論』など。
[主要担当科目]マイクロ・マクロ問題入門、ゲーム理論入門

研究者データベース

社会の不思議を探究しています

大理石柱

 なぜ人は裏切られるかもしれないのに他人を信頼するのでしょうか。 なぜ大学のサークルの新入生の間でだんだんとリーダー役の人とフォロアー役の人に分かれていくのでしょうか。 なぜ政府の政策は失敗するのでしょうか。

 私たちは社会の中で生きているので、多くの社会現象を「当り前だ」と思ってしまいます。 しかし別の視点から見ると、社会には不思議なことが満ちあふれています。 私はそのような謎を見つけては、それを解明しようとアタックしています。 ただし素手でアタックするには強敵なので武器が必要です。私の場合、それはゲーム理論です。 ゲーム理論とは、複数の人間がお互いに影響を及ぼしあっているときに、 どのような社会的帰結が出てくるのかを解明する理論です。社会というのは個人から成り立ちますが、 単に個人の集まりではありません。Aさんの行為はBさんに影響し、 Bさんの行為はCさんに影響していきます。 このような複雑な影響関係をゲーム理論という武器で解きほぐしていって、社会の不思議にアタックしています。