Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

人間科学 行動科学 行動科学

浜田 宏
准教授浜田 宏
はまだ ひろし

博士(社会学)
関西学院大学法学部政治学科卒業。同大学院社会学研究科にて博士号(社会学)を取得。 日本学術興会特別研究員、関西学院大学社会学部准教授(任期制)を経て現職。
専攻は数理社会学。著書に『格差のメカニズム−−数理社会学的アプローチ』勁草書房。
[主要担当科目]行動科学基礎演習、 行動科学演習、 数理行動科学研究演習V、 数理行動科学研究演習W

研究者データベース

数学という文体

2次元確率分布プロット

 私が所属する文学部の行動科学という専攻(そして専門である数理社会学)には、 文系学部と理系学部の両方の良さを楽しめる、という特徴があります。 数理社会学の中には、物語による人々の意味世界の解釈(文学的体験)と 抽象化と記号操作によるスリリングな論理展開(数学的体験)の両方が存在します。 それは文学でありながら数学であり、数学でありながら文学でもあるという不思議な性質を持っています。

 自分は文系だから数学なんて知らなくていい、あるいは、理系だから文学を知らなくていい、 と考えたりしていませんか?自分で自分の知性を制限する必要はありません。 これから大学で学ぶ若い人には、自分で自分の関心の範囲を制限せずに、 いろんな知的世界を体験して、バランスのとれた感性を身につけてほしいと思います。

浜田宏のウェブサイトへ