Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

人間科学 人間文化科学 宗教学

木村 敏明
教授木村 敏明
きむら としあき

博士(文学)。
東北大学大学院文学研究科博士課程後期三年の課程修了。 弘前大学人文学部講師を経て現職。ハーヴァード大学イェンチン研究所客員研究員(2006-2007)。
専門は宗教人類学、インドネシアの社会と宗教。
[主要担当科目]宗教学研究演習T、宗教学特論T

研究者データベース

インドネシアン・ポップスの楽しみ

環水平アーク

インドネシアのポップスを聞くのが好きです。 今はそれほどでもありませんが、5年くらい前までは、 ヒットチャートのチェックなどもしていたこともあります。 日本にもファンの多い各地の民族音楽やクロンチョン、 ダンドゥッなども悪くはないのですが、そのとき社会で一番受けている音楽の方に興味があります。
中でも好きなのはSheila on 7というジョグジャカルタ出身のグループです。 とくに、肩の力の抜けたボーカルで、ジャカルタでの新生活へと旅立とうする姉への想いを歌った Perhatian Raniは私のお気に入りです。 家族に対する愛情を力まず、さらりと歌に表現できるところは日本と違ったインドネシアン・ポップスの特徴だと思います。
もう一人、Viky Sianiparは、バタック族の民族音楽の奏者ですが、 アメリカの大学で西洋音楽を学んだ経験を生かし、 インドネシア各地の民族音楽を時にはロック風、時にはカントリー風、 時にはクラッシック風にアレンジしたアルバムを発表し続けています。