Archive
文学研究科・文学部 Webアーカイブ
東北大学大学院
文学研究科・文学部サイトへ
ホーム>大学院文学研究科>教員のよこがお

教員一覧

教員のよこがお

留学生担当

桐原 健真
教授高橋 章則
たかはし あきのり

博士(社会学)。
東北大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科修了。一橋大学で博士号(社会学)を取得。
専攻は、江戸時代の出版文化。文化交流史。
著書に『江戸の転勤族ー代官所手代の世界ー』(平凡社)、 『狂歌陸奥百歌撰』(東北文化研究資料叢書5、東北大学)などがある。
[主要担当科目]日本文化研究演習、日本語研究論文作成法

研究者データベース

文芸社会史

「文芸社会史」 著名な日本史学の先生が拙著(『江戸の転勤族』)を評した際に使用されたことばです。 自分の研究を説明する際に大変有効なので、以後、それを掲げることにしています。
私が研究資料として用いる「文芸」の主なものは「狂歌」(和歌の一種)で、 その作品集である狂歌本を中心に研究していますが、 そればかりではなく浮世絵に及ぶような広範囲な出版物にも触れます。 というのも、江戸時代の日本には多種多様な出版物が存在し、人々の生活を豊かなものにしていました。 そして、それらが互いに関連していました。 ですから、そうした出版状況を前提にしない江戸時代の文化の研究はありえません。
「社会史」とは、人間の多様な生き方を多角的に描く歴史学の一分野です。 普通の人の普通の歴史を分析し再現すると言い換えてもいいかもしれません。
人々の手元にあった色々な出版物を用いて社会とりわけ地域社会の歴史を描くこと、それが私の研究テーマです。

狂歌