東北大学

東北大学研究推進本部 URAセンター

ホーム>文系URAスタッフ日記

 2017年5月~8月  2017年9月~12月  2018年1月~3月

文系URAスタッフ日記


 2017年11月10日 2017年10月6日  2017年10月3日 2017年9月8日 2017年9月4日  2017年9月1日

2017年11月10日 第15回クワトロセミナー報告/東北大学出版会若手研究者出版助成募集

こんにちは。またご無沙汰しておりました、文系URAスタッフです。
11月8日、第15回クワトロセミナーを開催しました。本セミナーでは、文学研究科教授の尾崎彰宏先生が、国際比較による日本文化・社会研究を発展させるための「日本学国際共同大学院プログラム」について講演されました。

文系4学部のほか、国際文化研究科、東北アジア研究センター、情報科学研究科、研究推進課、高度教養教育学生支援機構等から総勢70名以上の方に参加をいただきました。大変興味深い話題で、議論も活発に行われました。
   

大変お忙しい中にもかかわらず、講演いただいた尾崎先生、そして出席された方々に深く感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
本当に、これほど多くの方々にご参加いただくとは思わず、途中で資料が足りなくなってしまい、ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。。今後は、より多めに用意することといたします。

さて、来月12月5日は、早くも第16回クワトロセミナーが開催されます。

京都大学名誉教授で滋賀大学学長でもあられた佐和隆光先生にお越しいただき、「文系軽視・理系偏重は日本を滅ぼす」というタイトルでご講演いただきます。こちらもぜひご参加ください。
詳しくはこちらをご覧ください。多くの方々の参加、お待ちしております!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
研究助成に関する情報もお届けします。
東北大学出版会若手研究者出版助成の第15回募集が2018年3月1日~31日の間に行われます。

詳しくは、こちらをご参照ください。

応募資格のある若手研究者の方はぜひふるって応募ください。

2017年10月6日 知の創出センターと連携したクワトロセミナーの再開と回数の調整について

 こんにちは。10月になり、寒くなってきました。
  来月と再来月に1ヶ月置きでクワトロセミナーが開催されます。11月に行われるセミナーは文学研究科教授の尾崎彰宏先生に日本学国際共同大学院開設についてご講演いただきます。

 12月に行われる「文系軽視・理系偏重は日本を滅ぼす」は、前滋賀大学学長・現京都大学名誉教授の佐和隆光先生にご講演いただきます。ここで1つお知らせですが、
12月の佐和先生の講演から、再び知の創出センターとも連携して運営することになりました。

 また、クワトロセミナーのページは、見ていただいたとおり、セミナーの回数が変更になっていることと存じます。これは、セミナーを担当されていた前任のURAの先生が2015年度で退職後、知の創出センターでは文系学部だけでのクワトロセミナーを再開する前に、既に5回分のセミナーを開催していたため、その回数分を繰り上げて調整することになりました。

 以上、紛らわしくて大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。


2017年10月3日 研究助成公募情報 日本経済研究センターなど


 10月に突入しました。またまたご無沙汰しておりまして、申し訳ありません。  

 科学研究費の研究計画調書の部局内の締め切りが、今月という学部や研究科も多く、先生方や研究員の方々は、大詰めに向けて頑張っているところでしょう。
 さて、人文社会系に関係のある民間財団の研究助成公募情報をいただきましたので、本ページて提供いたします。
 科研費に限らず、民間財団の研究助成応募は、ご自身の研究を広く発信すると同時に、大きな実績にもなりますので、積極的にご応募ください。

 日本経済研究センター 研究奨励金 応募期間:2017年9月1日~10月31日

 公益財団法人ポーラ美術振興財団 平成30年度助成 募集期間:2017年10月2日~11月10日

また、研究推進課や9月8日の記事でもお伝えした「公益財団法人 助成財団センター」からも研究助成に関する情報が出ております。ぜひお見逃しなく、ふるって応募ください。

【The Kavli Foundation】
 The 2018 Kavli Prize - Call for nominations
 締切:12月1日(金)

 https://aas.org/posts/news/2017/09/2018-kavli-prize-call-nominations

【ローム ミュージック ファンデーション】
 音楽活動への助成
 締切:11月10日(金)(当日必着)

 http://micro.rohm.com/jp/rmf/

【伊藤青少年育成奨学会】
 奨学金支給事業
 締切:12月31日(日)

 http://www.ito-zaidan.or.jp/

【キリン福祉財団】
 公募による地域ボランティア活動支援
 募集期間:9月12日(火)~10月31日(火)

 http://www.kirinholdings.co.jp/foundation/h30koubo/index2.html

【篠原欣子記念財団】
 第2回奨学生
 募集期間:平成29年9月19日(火)~10月27日(金)
 https://www.ysmf.or.jp/requirements

【住友財団】
 アジア諸国における日本関連研究助成
 
募集期間:平成29年9月1日(金)~10月31日(火)
 http://www.sumitomo.or.jp/

【セコム科学技術振興財団】
 挑戦的研究助成
 募集期間:平成29年9月1日(金)~平成29年10月20日(金)
 
https://www.secom.co.jp/zaidan/challenge.html

2017年9月8日 人文・社会系に関係ある民間財団助成金情報


来年度の科学研究費の公募が開始され、東北大学の先生方や研究員の方々は、研究計画調書作成に向けて準備を始められていることと存じます。

日本学術振興会の科学研究費以外にも、民間では研究助成を行っている財団があります。
以下の「公益財団法人  助成財団センター」のサイトでは、民間財団で公募している研究助成を検索できます。
文系に関係ある、助成金・基金もありますので、積極的にご活用ください。

http://www.jfc.or.jp/grant-search/guide/ 

参考までに、上記のサイトに掲載されていた、人文系の助成金・基金情報を以下に掲載いたします。
締切が間近なものもありますが、今年度だけではなく、来年度の応募のためにも、ぜひご確認ください。

【旭硝子財団】
 2017年度募集(2018年度採択)研究助成
 http://www.af-info.or.jp/subsidy/about.html

【JKA】
 http://hojo.keirin-autorace.or.jp
・公益の増進
 自転車・モーターサイクル、文教・社会環境、国際交流、スポーツ、医療・公衆衛生に係る公益の増進を目的とする活動に対 する補助。 9月14日(木)締切
・新世紀未来創造プロジェクト
 小学生・中学生・高校生が中心となり行う、地域ふれあい交流活動、実践的研究を通じた人間力育成支援活動、社会福祉 活 動に対する補助。 9月14日(木)締切
・社会福祉の増進
 福祉課題を地域で取り込んでいく活動や、医療、介護など様々な分野が連携できる取組み、児童、高齢者、障害者を地域の 中で結びつけ共生できる社会を目指す活動に対する補助。 9月14日(木)締切
・復興支援事業
 東日本大震災・平成28年熊本地震における復興支援活動に対する補助。 9月14日(木)締切
・振興事業補助
 (1)自転車・モーターサイクル・障害者スポーツ支援につながる事業、機械技術・機械工学を通した「安全・安心」、「生活   の質の向上」及び「防災・減災」に関する事業、機械産業の国際競争力強化につながる標準化事業、ものづくり支援・ 地   域の機械産業の振興につながる事業、省エネルギー等環境分野振興事業等に対する補助。9月14日(木)締切
 (2)公設工業試験研究所等における機械設備拡充・人材育成・共同研究事業に対する補助。11月21日(火)締切

【島津科学技術振興財団】
 研究開発助成
 締切:9月30日 当日必着
 http://www.shimadzu.co.jp/ssf/h29bosyu.html

【生協総合研究所】
 アジア生協協力基金一般公募助成
 締切:10月31日(火) (当日締切有効)
 http://ccij.jp/jyosei/kikinkoubo170821.htm

【第一生命財団】
 都市と暮らしの分野・研究助成
 締切:11月15日(水)
 http://group.dai-ichi-life.co.jp/dai-ichi-life-foundation/

【トヨタ財団】
 国内助成プログラム
 締切:9月29日(金) 15時
 http://www.toyotafound.or.jp/community/2017/

【日本証券奨学財団】
 研究出版助成
 締切:9月30日(土) 当日必着
 http://www.jssf.or.jp/

【日立財団】
 研究助成「倉田奨励金」
 締切:9月20日(火)
 http://www.hitachi-zaidan.org/

【三菱UFJ信託奨学財団 】
 平成30年度研究助成金
 締切:11月30日(木)
 http://www.scholarship.or.jp

【メルコ学術振興財団】
 研究助成
 締切:10月12日(木)(当日必着)
 http://melco-foundation.jp/apply/research/4016//

【三菱UFJ技術育成財団】
 第2回研究開発助成金
 募集期間:9月1日(金)~10月31日(火)
 http://www.mutech.or.jp/whatsnew/index.html
 
 また、文学研究科所属の先生から、科研費のセーフティネットとして、以下の民間財団による助成金もご紹介いただきました今年度は終了した公募もありますが、来年度の応募のためにも、こちらもぜひご確認いただき、積極的に応募いただければと思います。

【日本経済研究センター】
 研究奨励金 
 募集期間:2017年9月1日~10月31日 *当日消印有効
 https://www.jcer.or.jp/incentive/

【日本証券奨学財団】
 研究調査助成金
 2017年度公募終了 来年2018年度公募予定
 http://www.jssf.or.jp/?page_id=11
 
【村田学術振興財団】
 研究助成金
 締切:未公開(2018年3月頃公開予定)
 http://www.murata.co.jp/zaidan/

【野村財団】
 野村財団研究助成金
 2017年度公募終了 来年2018年度公募予定
 https://www.nomurafoundation.or.jp/social/so_koubo/research.html


2017年9月4日 日本学術振興会より 研究支援事業などのお知らせ


日本学術振興会のホームページでは、科学研究費の情報が公開されておりますが、他にも、人文社会系のファンドに関する情報も提供されております。文系の先生方や研究者の方々は、各事業から研究支援をいただくことの他、研究活動を国内外に発信する機会でもありますので、ぜひ積極的にご応募ください。    

〇 
研究助成・人材育成関係  
  課題設定による先導的人文・社会科学推進事業
  https://www.jsps.go.jp/kadai/index.htm
  卓越研究員事業
  https://www.jsps.go.jp/j-le/index.html
  研究拠点形成事業
  https://www.jsps.go.jp/j-c2c/boshuu_shinsei.html
 頭脳循環を加速する戦略的国際ネットワーク推進プログラム
  https://www.jsps.go.jp/j-zunoujunkan3/index.html
 

〇 国際交流関係
 
二国間交流事業
  https://www.jsps.go.jp/j-bilat/bilat.html
 研究者交流 (特定国派遣研究者)
  https://www.jsps.go.jp/j-bilat/tokuteikoku/ex.html 
 国際共同研究事業
  https://www.jsps.go.jp/j-bottom/index.htm
 若手研究者のための学術セミナー・ワークショップ
 https://www.jsps.go.jp/j-asia_seminar/index.html
 日豪若手研究者交流促進事業
 https://www.jsps.go.jp/j-aujawakate/index.html
  グローバルリサーチカウンシル
https://www.jsps.go.jp/j-grc/index.html
 

2017年9月1日 平成30年度科研費の公募情報が公開されました。

本日から9月。2017年度も下半期に突入しました。
さて、日本学術振興会のホームページにて、平成30年度の科学研究費公募に関する情報が公開されました。
応募書類の提出は11/8(水)ですが、東北大学内では、それより早く各部局の総務係に提出するように、締め切りが設定されます
近日、各部局の事務がメールなどで連絡予定ですので、応募を希望される場合は必ずご確認ください。
今年度から、審査方式改革により、計画調書のフォーマットも改訂されておりますので、応募する種目に該当するフォーマットをダウンロード・ご確認いただき、例年より早めの準備をお願いします。

公募要項←こちらもよくご確認ください。

また、東北大学で行われる「平成30年度科学研究費助成事業-科研費-応募に関する説明会」にも、ぜひともご参加ください。