Home Diff Sitemap Source Search Help PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

AOKI Soko

青木 聡子 (AOKI Soko

専門は、環境社会学、社会運動論。2006年3月、博士後期課程修了。博士(社会学)。

ボランタリー・セクターを中心にネットワーキングとコーディネートの社会理論。

2006年、東北大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、名古屋大学大学院環境学研究科専任講師。
 

主要業績

論文

  • 2007, “Sociological Perspectives on Environmental Justice: Rethinking on Anti-nuclear Movements in Germany”, in Ohbuchi, K. (Ed.), Social Justice in Japan: Concepts, Theories and Paradigms, Trans Pacific Press.(in press)
  • 2006,「抗議行動の持続性と参加者の運動観―ドイツにおける高レベル放射性廃棄物輸送反対闘争の事例から」『社会学研究』80: 1-13.
  • 2005,「ローカル抗議運動における運動フレームと集合的アイデンティティの変容過程―ドイツ・ヴァッカースドルフ再処理施設建設反対運動の事例から」『環境社会学研究』11: 174-87.
  • 2004,「抗議運動におけるフレーミング―暴力的『よそ者』の受容をめぐる戦略的ジレンマとその克服」『社会学研究』76: 189-210.

リンク

研究カテゴリ

[環境社会学,社会運動論,ドイツ社会論]


Last Modified: 2007年07月18日 01時07分54秒

2345 counts since AUG 2007