header
東北大学大学院文学研究科・文学部 英語学研究室

大学院進学をお考えの皆様へ

東北大学大学院文学研究科文化科学専攻 英語学研究室のご紹介

本研究室では、言語知識の解明を目標に、生成文法を中心とする言語理論に基づく研究を行っている。主たる言語は英語であるが、日本語などの多様な言語と英語の比較研究も行われている。研究分野は、統語論、意味論(語彙意味論、形式意味論)、語用論等があるが、英語教育への応用や、第1・2言語習得など認知科学に関わる分野もある。充実した文献に加えて、国内外からの迅速な情報入手体制が整っており、海外の一級の言語学者による講演や講義の機会も多い。現研究室には、一般の学生に加えて、社会人、留学生を含む多様な院生が在籍し、米国留学中の院生もいる。院生は、月例談話会での発表を基に、日本英語学会、日本英文学会などでの研究発表、学会誌や本研究室が事務局となっている英語学研究会の英文研究誌Explorations in English Linguisticsへの投稿により研究成果を発表している。修了者のほとんどは、研究職・教育職に就いている。また、英語教員専修免許状取得が可能である。


教員紹介

教授 金子義明

研究テーマ:言語理論。英語統語論と意味論のインターフェース。

教授 島越郎

研究テーマ:生成文法理論に基づく英語分析。


より詳しい紹介につきましては、教員一覧をご覧ください。


当研究室では、大学院で学びたいと考えている皆さんをお待ちしております。

入学資格や入試日程、入試科目など、詳細につきましては、
東北大学大学院文学研究科入学案内 をご確認ください。