トップ国語学を研究する>博士論文題目

国語学を研究する(大学院国語学専攻分野)

 博士論文一覧印は課程博士、は論文博士)

【平成26年度】

遅 皎潔     現代日本語における可能表現の研究 
鯨井 綾希     文章中で用いられる同一語句のくり返しの定量的研究
山下 真里 近代日本語における異体字の研究
浅田 秀子 敬語の原理及び発展の研究

【平成25年度】

椎名 渉子     子守歌詞章の構造と要素に関する方言学的研究 

【平成24年度】

ジスク・マシュー     日本語における漢字を媒介とした意味借用の研究 
陳 劼懌 現代日本語の複合動詞の研究
津田 智史 日本語方言アスペクトの研究


【平成23年度】

金 殷模     現代日本語における授受表現の研究 
 ―「てもらう」文と「てくれる」文を中心に― 
佐藤 高司 群馬県方言の社会言語学的研究
 ―30年間の若年層における方言使用の動態―
田附 敏尚 青森県方言における文末形式の研究
川越 めぐみ 東北方言オノマトペの形態と意味
安本 真弓 古代日本語形容詞の研究
王 其莉 判断のモダリティに関する日中対照研究
矢島 正浩 上方・大阪語における条件表現の史的研究


【平成22年度】

鳴海 伸一  漢語の国語化と副詞化 
中西 太郎 待遇的観点から見た日本語あいさつ表現の研究
山本 志帆子  近世武家社会における待遇表現体系の研究
―『桑名日記』にみる桑名藩下級武士を中心として―


【平成21年度】

楊 淑雲     現代日本語における擬態語の研究 
彦坂 佳宣 日本語方言史の研究
松崎 安子 近代文語文の文体論的研究
張 雅智 現代日本語における否定疑問文と傾き
王 秀芳 在日中国人の言語使用に関する社会言語学的研究
吉田 雅昭 日本語文末表現の研究
澤村 美幸 日本語方言形成論の研究
新野 直哉  現代日本語における進行中の変化の研究 
 「誤用」「気づかない変化」を中心に


【平成20年度】

梁 敏鎬   外来語の受容に関する日韓対照研究 
作田 将三郎  庶民語記録による東北地方語史研究


【平成19年度】

李  仙花    意味的観点からみた構文の研究―関連する構文との対照を中心に―
櫛引 祐希子    日本語方言語彙の意味変化に関する研究
新井 小枝子    養蚕語彙の文化言語学的研究
小西 いずみ 富山県方言の文法に関する研究
石井 正彦 現代日本語の複合語形成論

【平成18年度】

玉懸 元     日本語方言終助詞の研究
李 光赫    条件表現における日中対照研究


【平成17年度】

小林  隆    方言額的日本語史の方法                    
小針 浩樹   現代日本語の文の意味と機能―文の意味の形―
林  青樺    現代日本語におけるヴォイスの研究―事象達成の観点から―


【平成16年度】

全  成 現代日本語における文の構造と話し手の認識的判断の体系
 ―文における「事態」と「話し手」、そして「形式」―
百留恵美子  和歌表現史の研究
琴  鍾愛 日本語方言における談話展開の方法
陳  志文 現代日本語の計量文体論的研究

【平成15年度】

百留 康晴  現代日本語複合動詞の通時論的研究
権  奇洙 日・韓両国語の受身態の対照研究

【平成14年度】

田中 宣廣 付属語アクセントからみた日本語アクセントの構造
張  媛 近世後期における終助詞の国語学的研究
野林 靖彦  日本語様相論試論 ―現代日本語におけるモダリティの研究―


【平成13年度】

手島 邦夫  西周の訳語の研究


【平成12年度】

羅  工洙  訓読法から見た近代の文章研究


【平成11年度】

北原 博雄  日本語動詞句の研究
大橋 純一  東北方言音声の研究
李  範錫  無形アクセント方言における韻律的特徴に関する研究
 ―共通語との対照研究―
孫  東周  日本語動詞におけるヴォイスの研究
李  妙煕  近代語副助詞の国語史的研究



[東北大学] [文学部・文学研究科] [トップ] [リンク] [サイトマップ] [お問い合わせ]

All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 2005 Dep.Japanese Linguistics Faculty of Arts and Letters, Tohoku University
Aoba-ku, kawauti 27-1 980-8576 Sendai, Japan
〒980-8576 仙台市青葉区川内27番1号 東北大学大学院文学研究科国語学研究室