リンクは自由!

言語の多様性と少数言語の権利について


ある学者の見積もりによれば、世界の6760の言語のうち269語の話し手の数の合計で世界の人口の96%になるとのことである。つまり、残りの大部分の言語はその話し手の数を合計しても世界の人口の一割にも満たない。また別の学者の推定では、世界の約6000の言語のうち、(1)子供が母語として習得しなくなった言語が20〜50%、(2)現状のままでは来世紀[21世紀]中に(1)の仲間入りをする可能性のある言語が40〜75%、(3)将来にわたって安泰な言語が5〜10%となっている。つまり、世界の言語の半数近くが21世紀中に消失するであろうし、悲観的に見ると95%の言語が消失してしまう可能性さえあるということである。

言語の統合が進むことは、一見して好都合なことのように思える。一つの言葉で話し合える人の数が増えるのだから。特に経済的な見地からはまことに望ましいことであろう。

しかし、この状況が人類にとって本当の進歩であるかを問う人もまた多い。各民族が長年の歴史の中で築き上げてきた文化とそれをささえる言語とは、人間がもつ豊かな可能性の現れである。それが消えることは、人間の可能性を狭めることにほかならない。人間の本質を解明するための手掛かりをなくしてしまうことである。

「危機に瀕した言語」を話す人々の対応はまちまちである。一方にはもちろんすすんで大言語に乗り換える人々も多くいる。生活での便宜を考えれば現実世界での当然の選択かもしれないとも言える。しかし、その一方で、自分たちの言語を守るために積極的に運動を繰り広げている人もまた少なくない。政治的・経済的な運動とからんでいることもあるが。創作活動・出版活動を奨励し、学校の内外で言語教育を行うなど、言語に関する運動の要素も当然含まれる。

関連の拙文


世界人権宣言 (日本語訳)

第二条

すべて人は、人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治上その他の意見、 国民的若しくは社会的出身、財産、門地その他の地位又はこれに類する いかなる事由による差別をも受けることなく、この宣言に掲げるすべての 権利と自由とを享有することができる。

Declaration on the Rights of Persons Belonging to National or Ethnic, Religious and Linguistic Minorities 

Adopted by General Assembly resolution 47/135 of 18 December 1992

Article 2

Persons belonging to national or ethnic, religious and linguistic minorities (hereinafter referred to as persons belonging to minorities) have the right to enjoy their own culture, to profess and practise their own religion, and to use their own language, in private and in public, freely and without interference or any form of discrimination.

文化的多様性に関する世界宣言 (ユネスコ) (日本語仮訳)

第5条 文化的多様性を実現するための環境としての文化的権利

文化的権利は、人権に欠くことのできないものである。文化的権利は、全世界の人々に共有され、個々を分割してとらえることは不可能で、個々の文化的権利は相互に影響・作用しあうものである。創造性という面での多様性を開花させるためには、「世界人権宣言」第27条及び「経済的、社会的及び文化的権利に関する規約」第13条、第15条に定義された文化的権利の完全実施が必要である。従って、人権と基本的人権に基づいて、すべての人が各自で選択する言語、特に母国語によって自己を表現し、自己の作品を創造し・普及させることができ、すべての人がそれぞれの文化的アイデンティティーを十分に尊重した質の高い教育と訓練を受ける権利を持ち、すべての人が各自で選択する文化的生活に参加し、各自の文化的慣習に従って行動することができなくてはならない。

ユネスコ文化的多様性に関する世界宣言実施のための行動計画要旨

5.人類の言語遺産を保護し、可能な限り多くの種類の言語による表現、創造、普及のための支援を行う。

6.母国語を尊重しつつ、教育のあらゆる段階において、可能なかぎり言語の多様性を奨励し、低年齢からの複数の言語学習を促進する。

10.サイバースペースにおける言語の多様性を振興し、グローバル・ネットワークを通じたすべての公有情報への普遍的なアクセスを促進する。


リンク集

Ethnologue
SIL Internationalによる世界各地の言語についてのデータ。
Language Rights of Linguistic Minorities
国連人権高等弁務官事務所の活動。Language Rights of Linguistic Minorities: A Practical Guide for Implementation, 2017(日本語仮抄訳)など。
UNESCO Atlas of the World's Languages in Danger
ユネスコによる危機言語地図。
International Year of Indigenous Languages
2019年はユネスコ/国連が定めた国際言語年でした。
LINGUAPAX Project
教育における言語の多様性と多言語使用を推進するユネスコのプロジェクト。
International Mother Language Day
毎年2月21日はユネスコが制定した、国際母語の日。
Linguistic diversity and multilingualism on Internet
ユネスコの活動。
消滅の危機にある言語・方言
文化庁。
Touch the AINU Culture
文化庁による。
方言と言語の多様性
国立国語研究所による。
危機言語データベース
国立国語研究所による。
日本言語学会危機言語小委員会
2010年3月まで。その後は「危機言語関係プロジェクト」
多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築、Linguistic Dynamics Science 3 (LingDy3)
東京外国語大学の基幹研究。
アジア・アフリカにおける多言語状況と生活文化の動態
言語復興の港
地球ことば村
NPO法人「地球ことば村・世界言語博物館」。市民と言語学者や人類学者など。
Council of Europe Language Policy Portal
欧州評議会の言語政策。
European Day of Languages
9月26日は欧州評議会が制定した、ヨーロッパの諸言語の日。
About multilingualism policy
EU(ヨーロッパ連合)の多言語主義について。
Mercator European Research Centre on Multilingualism and Language Learning
European Language Equality Network
European Charter for Regional or Minority Languages
欧州評議会のヨーロッパ地方言語・少数言語憲章
The Endangered Languages Project
ハワイ大学とGoogleなどによる。
Terralingua
世界の言語と生物の多様性を保護しようとする団体。
The Rosetta Project
諸言語のデジタルアーカイブを作るプロジェクト。スタンフォード大学ほか。
la collection Pangloss
諸言語のデジタルアーカイブを作るプロジェクト。CNRSほか。
European minority languages
ヨーロッパの50の少数言語の情報。
Committee on Endangered Languages and Their Preservation (CELP)
アメリカ言語学会の危機言語に関する委員会。
国際語エスペラント運動に関するプラハ宣言
1996年8月第81回世界エスペラント大会で採択。

参考図書

日本語で書かれた、市販の書籍



後藤斉のホームページへ戻る

URL:http://www2.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/diversity.html
2021-09-01T13:22:25+09:00
All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 1997-2021, GOTOO Hitosi
Department of Linguistics
Faculty of Arts and Letters, Tohoku University
Aoba-ku, Kawauti 27-1
980-8576 Sendai, Japan

〒980-8576 仙台市青葉区川内27番1号 東北大学大学院文学研究科言語学研究室
後藤 斉 (E-mail:gothit/at/tohoku.ac.jp)
後藤にメールを送られる方へ