トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

まちづくり機能を備えた持続可能な組織運営とは

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

まちづくり機能を備えた持続可能な組織運営とはー鹿折まちづくり協議会の事例からー

  • 1章 先行研究と問題関心
    • 1.1先行研究の検討
      • 1.1.1 災害復興における住民組織の存在
      • 1.1.2 住民組織に求められる性質
    • 1.2 本研究における問題関心と目的
      • 1.2.1 問題関心
      • 1.2.2 研究の目的
    • 1.3 調査活動の経緯と概要
      • 1.3.1 調査の概要
      • 1.3.2 インタビュー調査
  • 2章 鹿折地区・まち協の概要
    • 2.1 鹿折地区について
      • 2.1.1 鹿折地区の概要
      • 2.1.2 鹿折にまつわる歴史
    • 2.2 東日本大震災と鹿折
      • 2.2.1 震災による被害の状況
      • 2.2.2 復興の状況
      • 2.2.3 震災前後における人口動態の変化
      • 2.2.4 震災前後における地域資源の変化
    • 2.3 鹿折まちづくり協議会について
      • 2.3.1 組織の役割と目的
      • 2.3.2 組織の構成
      • 2.3.3 活動内容
  • 3章 組織の変遷 
    • 3.1 第1期 組織の設立
      • 3.1.1 設立の経緯
      • 3.1.2 当時の状況
    • 3.2 第2期 組織の体制づくり
      • 3.2.1 構成員会合の開始
      • 3.2.2 当時の状況
    • 3.3 第3期 組織の安定
      • 3.3.1 活動目的の変更
      • 3.3.2 当時の状況
    • 3.4 第4期 組織の継承
      • 3.4.1 記録紙の作成
      • 3.4.2 今後の課題と展望
  • 4章 住民主体のまちづくりの継続的な運営
    • 4.1 インタビュー調査対象者の紹介
    • 4.2 参加者の特徴
      • 4.2.1 「過去」ー調査対象者の被災状況とまち協への参加経路
      • 4.2.2 「現在」ー参加へのモチベーション
      • 4.2.3 「未來」ー鹿折まち協・鹿折地区における課題意識
      • 4.2.3 第2節のまとめ
    • 4.3 合意形成を実現する場としての「構成員会合」
      • 4.3.1 会合時における構成員間の共通認識、合意形成のプロセスの重視
      • 4.3.2 継続的な参加を可能とする要因
      • 4.3.3 当事者意識の醸成
      • 4.3.4 意見調整におけるキーマンの存在と役割
    • 4.4 小括
  • 5章 行政・外部組織との関わり
    • 5.1 行政との関係
      • 5.1.1 鹿折まち協設立時における行政との関係
      • 5.1.2 行政との関係構築のための過程と取り組み
      • 5.1.3 現在のまち協と行政の関係性
    • 5.2 既存の住民団体との関係性
      • 5.2.1 変遷
      • 5.2.2 他団体との関係悪化と生き残り戦略
      • 5.2.3 小括
  • 6章 考察と今後の課題
    • 6.1 本調査の要約:まちづくり機能を備えた住民組織の持続可能性
    • 6.2 本調査における今後の課題
  • 参考文献
  • 付録
    • 1 インタビュー調査質問表
    • 2 鹿折まちづくり協議会 規約
  • 謝辞
  • 編集後記
  • 執筆者一覧

最終更新時間:2022年06月16日 16時26分32秒

1920 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて