トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

我妻 秀栄

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

 研究関心

社会学一般理論や社会学史なども踏まえつつ、科学社会学を専門にしています。
とりわけ、英国の科学社会学者ハリー・コリンズ(Harry Collins, 1943-)らによって提唱されている「科学論第3の波(the Third Wave of Science Studies)」学説の展開を明らかにするとともに、科学と政治/専門性と民主主義の関係などについて研究しています。

 略歴

  •  学歴
 2015年 4月 東北大学文学部人文社会学科入学
 2019年 4月 東北大学大学院文学研究科総合人間学科社会学専攻分野入学(博士前期課程)
 2021年 4月 東北大学大学院文学研究科総合人間学科社会学専攻分野入学(博士後期課程)
  •  職歴
 2021年 4月 -9月 東北学院大学非常勤講師(メディア・リテラシー)
 2022年11月-現在 星総合病院ポラリス保健看護学院非常勤講師(看護と法)
  •  委員歴
 2021年 4月-現在 東北社会学会・会計委員
 2021年 4月-現在 東北社会学研究会・編集委員
  •  所属学会
  日本社会学会
  日本社会学史学会
  科学社会学会
  東北社会学会
  東北社会学研究会
  東北大学大学院文学研究科東北文化研究室
  •  フェローシップ
 2021年 4月- 9月 東北大学グローバル萩博士学生
 2021年10月-現在 東北大学高等大学院博士後期課程学生挑戦的研究支援プロジェクト
                 (次世代研究者挑戦的研究プログラム)

 主要業績

  •  学位論文
  我妻秀栄, 2020, 「『科学論第3の波』学説における『社会』概念の位置づけ」, 東北大学大学院文学研究科2020年度
  修士論文.
  •  論文
  •  口頭報告
  我妻秀栄「『科学論第3の波』における『核』概念の検討」, 東北社会学会第2回研究例会(オンライン), 2020年7月
  18日. (司会: 上田耕介, 指定発言: 清水右郷)
  我妻秀栄「科学論第三の波の概要と位置付け」, 哲学オンラインセミナー「科学と社会の間の波を読む」, 2020年12月
  13日. (オーガナイザー: 清水右郷, 登壇者: 我妻秀栄, 小野恭子, 永井孝志, 林岳彦, 清水右郷)
  我妻秀栄「『科学論第3の波』学説における選択的近代主義の展開」,日本社会学史学会関西研究例会(オンライン),
  2022年3月21日.
  •  報告書
  生活支援員聞き書きプロジェクト, 2018, 『支え手になったあの日から−地域を見守る支援員の語り』宮城県サポート
  センター支援事務所.(代表者: 本間照雄, 参加者: 我妻秀栄, 安達琴乃, 岩舘祐実, 大井慈郎, 大内恵里奈, 
  木村雅史, 小島絵美, 櫻庭実咲, 佐藤友里香, 瀧田寛純, 中川恵, 松原久, 松本桂子, 三浦規義, 吉野恭佑)

 連絡先

電子メール: shuei.agatsuma.q2[at]dc.tohoku.ac.jp
・上記[at]を@に置き換えてください。


最終更新時間:2022年11月05日 23時52分24秒

8238 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて