トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

趙 悦辰

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

趙 悦辰

地域においての住民活動の「担い手」の問題に注目する。地域ケアシステムの連携現状には、医師や看護師、介護福祉士、 ヘルパー、住民リーダーなどの担い手が各地で不足しているほか、こうした担い手の連携や協力体制も地域によって異なっており、必ずしも十分とはいえない状況であることがよく指摘されている。この原因で、地域での「担い手」をどうやって育成するか、そしてどうやって継続させるのか、重要になっていく。特に「担い手」の継承、あるいは世代交代について の問題は重大化になる。リーダーの交代により、今までの方針が変わるため、ある地域で行 われた住民活動に大きな影響を与える。この原因によって、「担い手」の発掘・ 維持、特に継承について検討していく。


最終更新時間:2021年05月06日 15時37分20秒

625 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて